riconsodan さんが 2018/04/20 に更新
女性は『この人と結婚しなかったら…』と思っている

女性は『この人と結婚しなかったら…』と思っている

3組に1組が離婚する時代である。

3組に1組が離婚

ある調査によると、離婚しないまでも「この人と結婚しなければ……」とかなりの人が結婚に後悔を抱いているという。
男女や年代によって差はあるが、たとえば、20代の男性は女性の倍以上もそう考えているという。
しかし、30代以降、60代以上にいたるまではいずれも女性の方が結婚に不満を感じ、時々後悔することしきりだというのだ。
その主な理由としては、恋愛時には見えなかった相手の嫌な部分が想像以上に見えてくることにある。また経済的に苦労しようとも愛情が補ってくれるとの思いと現実の厳しさとのギャップが如何ともしがたいのだ。そんな鬱屈した思いを抱えたままでいると、喧嘩した時には必ずこの文句が脳裏を過るのだという。
「喧嘩になろうとも、常日頃からお互い言いたいことを包み隠さずに言い合えば大丈夫」という意見もある。傾聴に値するが、要は、信頼関係が磐石でないと結婚に対する不満はつきまとうわけで、出会った頃の原点に帰って信頼関係を築き直すことが夫婦が円満に長続きの秘訣ではないのか。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て