riconsodan さんが 2018/04/20 に更新
女性は『この人と結婚しなかったら…』と思っている

女性は『この人と結婚しなかったら…』と思っている

3組に1組が離婚する時代である。

3組に1組が離婚

ある調査によると、離婚しないまでも「この人と結婚しなければ……」とかなりの人が結婚に後悔を抱いているという。
男女や年代によって差はあるが、たとえば、20代の男性は女性の倍以上もそう考えているという。
しかし、30代以降、60代以上にいたるまではいずれも女性の方が結婚に不満を感じ、時々後悔することしきりだというのだ。
その主な理由としては、恋愛時には見えなかった相手の嫌な部分が想像以上に見えてくることにある。また経済的に苦労しようとも愛情が補ってくれるとの思いと現実の厳しさとのギャップが如何ともしがたいのだ。そんな鬱屈した思いを抱えたままでいると、喧嘩した時には必ずこの文句が脳裏を過るのだという。
「喧嘩になろうとも、常日頃からお互い言いたいことを包み隠さずに言い合えば大丈夫」という意見もある。傾聴に値するが、要は、信頼関係が磐石でないと結婚に対する不満はつきまとうわけで、出会った頃の原点に帰って信頼関係を築き直すことが夫婦が円満に長続きの秘訣ではないのか。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。