riconsodan さんが 2018/04/19 に更新
死後離婚のススメ

死後離婚のススメ

夫に先立たれた時の話である。

死後離婚 先立たれた話 姻族関係終了届

 そのまま夫の両親とその家族と暮し続けるのに抵抗がある人もいるはずだ。嫁姑問題を抱えていたり、義姉妹ともうまくいっていなかったならば、夫を失った後もその生活を続けていくのは辛いはずである。
「姻族関係終了届」を役所に提出すれば、その関係を終了することができるのだ。
いわゆる“死後離婚”である。
戸籍には届出日が記載され、役所は受理証明を発行してくれる。遺産を相続することはできなくなるが、義父母の介護や墓の管理に対する責任からは解放される。夫の遺骨は分骨という形で折り合いもつけられるのだ。
“死後離婚”は増加しているようだ。夫の家族らとの仲に問題がなければこのような届出は必要ないかもしれないが、“死後離婚”すれば再婚話も進むかもしれない。草葉の陰で亡夫がどう思うかしらぬが、残された自分の人生のためにも一考に値するのではないか。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】死後離婚

【弁護士EYE】死後離婚

死後離婚という言葉が、最近、メディアで目につきます。


【弁護士EYE】姻族関係の終了について

【弁護士EYE】姻族関係の終了について

配偶者の死後、生存配偶者は、姻族関係終了届を提出することで、死亡配偶者の親族との関係(姻族関係)を終了させることができます。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。