riconsodan さんが 2018/04/17 に更新
離婚約の落とし穴

離婚約の落とし穴

「離婚約」。

離婚約 予め離婚する時期を決める 造語

 お笑い芸人による造語らしい。
 あらかじめ離婚する時期を約束することでお互いの自立のためにも準備ができる、そんな結婚の形の一つであるが、今に始まったわけではなく昔からあったという。
「子供が成人したら」、「夫が定年退職したら」、「収入が安定したら」と子供のためや経済的な問題などですぐに別れたくても別れられない夫婦が将来離婚することを前提に結婚生活を続けていくわけだが、このトラブルが結構多いようだ。
 だいたい「離婚約」と約束の「約」の字は入っているものの、あくまでも口約束で法的拘束力がないのだ。それをいいことに結婚期間内に財産隠しをしたり、「いずれ別れるんだから」と自暴自棄になり夫婦関係がさらに悪化するのだという。
「離婚するくらいならば」と言いたいところだが、結婚しなければ離婚はないわけで、なかなかむずかしい問題である。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚約

【弁護士EYE】離婚約

カップルが婚約をしたが、正当な理由なく一方がこれを破棄した場合には、相手方の精神的損害に対して慰謝料請求が認められるケースがあります。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。