riconsodan さんが 2018/04/17 に更新
離婚約の落とし穴

離婚約の落とし穴

「離婚約」。

離婚約 予め離婚する時期を決める 造語

 お笑い芸人による造語らしい。
 あらかじめ離婚する時期を約束することでお互いの自立のためにも準備ができる、そんな結婚の形の一つであるが、今に始まったわけではなく昔からあったという。
「子供が成人したら」、「夫が定年退職したら」、「収入が安定したら」と子供のためや経済的な問題などですぐに別れたくても別れられない夫婦が将来離婚することを前提に結婚生活を続けていくわけだが、このトラブルが結構多いようだ。
 だいたい「離婚約」と約束の「約」の字は入っているものの、あくまでも口約束で法的拘束力がないのだ。それをいいことに結婚期間内に財産隠しをしたり、「いずれ別れるんだから」と自暴自棄になり夫婦関係がさらに悪化するのだという。
「離婚するくらいならば」と言いたいところだが、結婚しなければ離婚はないわけで、なかなかむずかしい問題である。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚約

【弁護士EYE】離婚約

カップルが婚約をしたが、正当な理由なく一方がこれを破棄した場合には、相手方の精神的損害に対して慰謝料請求が認められるケースがあります。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。