riconsodan さんが 2018/03/12 に更新
『好き』と言われたけれど……

『好き』と言われたけれど……

恋の告白はなにも男性からとは限らない。

告白 アプローチ

 最近では女性の方から積極的に恋のアプローチをかけることも少なくない。
 男性は女性から「好き」と言われると、たとえそれが意中の人ではなくても満更でもない。その証拠に「僕も好きだよ」と応えてしまう。“せっかく自分を好きと言ってくれているのにここで簡単に手放すのは勿体ない”と、友達以上恋人未満の、いわば都合のいい女のリストに入れてしまう可能性がある。
 そうとは知らずに思い切って告白したことにルンルンの彼女との温度差は、やがて悲しい結末を迎えることになるのである。
 こんなことにならないためには、女性としては「恋人としての真剣交際」なのか、「結婚をも視野にいれた付き合い」なのかを予め確かめる必要がある。相手は「計算高い女」とシラケはしないか?
 もちろん、正面きって確認できるにこしたことはないが、たとえば、外でのデートを避けたり、一緒にいるのを誰かに見られないかを気にしたり、友人に紹介してもらえないという彼の行動から察知できる。深みに嵌まる前のチェックだ。とはいえ憧れの人から「好き」と言われたら地に足はつかないもの。一時の夢でも構わないとの覚悟も必要かも。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


この子、あなたの子よ……

この子、あなたの子よ……

こんな告白を聞いた。


最新の投稿


【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


別居中、鍵を換えられていた

別居中、鍵を換えられていた

夫婦喧嘩のたびに家を出る人がいる。一時の感情を冷やし、仲直りの方法の一つではあるが、夫婦には本来、同居義務がある。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


別居との正しい向き合い方

別居との正しい向き合い方

そもそも別居とは夫婦それぞれが夫婦でありながら別々に暮らすことをいう。一般的に離婚を視野に入れた生活形態で、そのための第一歩といってもいいだろう。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


離婚 子供 別居 夫婦喧嘩 別居中 かすがい