riconsodan さんが 2018/03/12 に更新
『好き』と言われたけれど……

『好き』と言われたけれど……

恋の告白はなにも男性からとは限らない。

告白 アプローチ

 最近では女性の方から積極的に恋のアプローチをかけることも少なくない。
 男性は女性から「好き」と言われると、たとえそれが意中の人ではなくても満更でもない。その証拠に「僕も好きだよ」と応えてしまう。“せっかく自分を好きと言ってくれているのにここで簡単に手放すのは勿体ない”と、友達以上恋人未満の、いわば都合のいい女のリストに入れてしまう可能性がある。
 そうとは知らずに思い切って告白したことにルンルンの彼女との温度差は、やがて悲しい結末を迎えることになるのである。
 こんなことにならないためには、女性としては「恋人としての真剣交際」なのか、「結婚をも視野にいれた付き合い」なのかを予め確かめる必要がある。相手は「計算高い女」とシラケはしないか?
 もちろん、正面きって確認できるにこしたことはないが、たとえば、外でのデートを避けたり、一緒にいるのを誰かに見られないかを気にしたり、友人に紹介してもらえないという彼の行動から察知できる。深みに嵌まる前のチェックだ。とはいえ憧れの人から「好き」と言われたら地に足はつかないもの。一時の夢でも構わないとの覚悟も必要かも。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


この子、あなたの子よ……

この子、あなたの子よ……

こんな告白を聞いた。


最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。