lawyerseye さんが 2018/03/09 に更新
【弁護士EYE】ありふれた不倫裁判でも・・・

【弁護士EYE】ありふれた不倫裁判でも・・・

夫が勤務先の同僚である女性と長期にわたり不倫をしていたことが発覚し、これが許せなかった妻が、夫に対して裁判を起こしたという、これだけではありふれた不倫裁判なのですが、この妻が、夫と不倫相手の勤務先を一緒に訴えたという、少し変わった事件がありました。

不倫裁判 夫の同僚 勤務先も一緒に訴えた

 夫とともに不倫相手を訴えるということは、よくあることですが、勤務先を訴えるというのは聞いたことがありませんでした。しかも、この妻の主張は、同僚同士で不倫をするような環境を作った企業にも監督責任がある、という、いかにも無理筋の主張でした。
 しかし、よく事情を聞いてみると、妻は、勤務先に対する慰謝料請求が認められることを目的としていたというより、裁判の場に勤務先企業を引き入れることで、裁判で議論される夫らの不倫の事実の内容を、勤務先に詳細に知らせるということを主眼にしていたとのことです。なるほど、夫や不倫相手に対する復讐としては効果的です。もっとも、裁判手続きとは言え、勤務先に夫らの不倫の事実を暴露することで、逆に名誉毀損で訴えられるリスクもありますので、あまりおすすめできるものではありません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。