lawyerseye さんが 2018/03/02 に更新
【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

弁護士にとって、離婚案件は純粋な法律問題というわけではありません。

恋愛カウンセラー 純粋な法律問題 復縁に向けたサポート

 例えば、依頼者が復縁を望む場合、法律レベルでは、相手方の離婚の申し出が法定の要件を満たさないことを主張することになりますが、それだけをしても、離婚を阻止するだけで本当の意味での復縁になりません。
 そこで、相手方又はその代理人弁護士から不満点を聞き出し、依頼者とその点を改善できないか検討し、改善するのであればその旨を相手方に伝える、といったコミュニケーションの橋渡しを行い、復縁に向けたサポートをすることもあります。
 これは、恋愛カウンセルに近いかもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。