lawyerseye さんが 2018/03/02 に更新
【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

【弁護士EYE】弁護士はカウンセラー?

弁護士にとって、離婚案件は純粋な法律問題というわけではありません。

恋愛カウンセラー 純粋な法律問題 復縁に向けたサポート

 例えば、依頼者が復縁を望む場合、法律レベルでは、相手方の離婚の申し出が法定の要件を満たさないことを主張することになりますが、それだけをしても、離婚を阻止するだけで本当の意味での復縁になりません。
 そこで、相手方又はその代理人弁護士から不満点を聞き出し、依頼者とその点を改善できないか検討し、改善するのであればその旨を相手方に伝える、といったコミュニケーションの橋渡しを行い、復縁に向けたサポートをすることもあります。
 これは、恋愛カウンセルに近いかもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。