lawyerseye さんが 2018/02/28 に更新
【弁護士EYE】夫婦双方の不倫

【弁護士EYE】夫婦双方の不倫

離婚裁判となるケースでも、夫婦双方が不倫しているということがありえます。例えば、夫が、妻の不倫(不貞行為)を理由に離婚を請求したところ、妻の方が、「夫も不倫をしているのだから、離婚原因にはならない。」と反論したら、どのように判断されるでしょうか。

離婚裁判 双方が不倫 有責配偶者 夫からの離婚請求が簡単には認められない

 不貞行為とは、自由な意思をもって配偶者以外の異性と性的な関係を持つことですので、夫が不倫していたからといって、妻が不貞行為を行ったことの認定は変わらないと思われます。もっとも、妻の不貞行為が1回だけ、といった場合には、夫婦関係の継続が困難な程度には破たんしていないとして、裁判離婚は認められないことが多いです。
 また、妻の不倫以外が主な理由で、夫婦関係が破たんしてしまっていると認められる場合で、夫の方に、夫婦関係が破たんに至った主な原因があるというときは、夫は「有責配偶者」といって、離婚を請求することができる場合が限定されることになりますので、夫からの離婚請求が簡単には認められないことになります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚裁判でDV被害を立証するためには

【弁護士EYE】離婚裁判でDV被害を立証するためには

夫からDV被害を受けている場合、離婚裁判でこれを立証するためには、暴力を受けて負った傷を写真で保存しておくことや、医師の診断書を取っておくことが重要です。


最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。