lawyerseye さんが 2018/02/26 に更新
【弁護士EYE】なぜかモテる人

【弁護士EYE】なぜかモテる人

弁護士の仕事をしていると、なぜモテるのかわからないけどなぜかモテる男性にたまに出会います。

モテる人 何故かモテる人 初対面の女性に優しい

 容姿や離婚時の相手への姿勢等から考えても、この人はちょっと…と思うのですが、2回目、3回目と結婚していく「なぜかモテる人」の共通点は、とにかく初対面の女性などに優しいことです。「なぜかモテる人」は、事務所の職員がエレベータで一緒になった際、必ず職員を先に通したうえで、職員に対し感謝の言葉を述べ、さらには担当弁護士を褒めるようなことも伝えていました。ただ、このような方々も「釣り」はうまくても釣った魚を育てるのがうまくないのか、結婚生活は長くは続かないこともしばしばでした。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


政治家の下半身

政治家の下半身

かつて日米とも政治家の女性問題は全く問題にされてこなかった。関係者も記者もセックススキャンダルには見て見ぬふりだった。


シングルマザーが犯罪をおかしたら?

シングルマザーが犯罪をおかしたら?

離婚し、子供の親権もとり、つましくも二人で平穏に暮らしていた。が、母親が事件を起してしまった。子供はどうなる?


上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

「離婚して正解だったかな」


誰でも一度は考える離婚    ~奥田瑛二と安藤和津の場合

誰でも一度は考える離婚 ~奥田瑛二と安藤和津の場合

エッセイストでタレントの安藤和津が夫の奥田瑛二と離婚危機にあったことを語った。