lawyerseye さんが 2018/02/16 に更新
【弁護士EYE】男の浮気の証拠

【弁護士EYE】男の浮気の証拠

独身の男性が1人暮らしで、浮気相手の女性を部屋に連れ込んだ際に、その女性の痕跡(荷物、髪の毛など)が部屋に残っているのを、交際相手・婚約相手が発見し、浮気が発覚、破局に至ってしまう。というのはよく聞く話です。

浮気の証拠 発覚 破局

 もしこれが結婚中に起こったら、裁判での離婚ができるでしょうか。
 この点、夫婦の自宅に女性の痕跡が見つかり、妻が浮気を疑ったとしても、夫が妻からの追及にも関わらず、浮気(不貞行為)を認めない場合、妻の方で自宅に他の女性がいたことを証明できても、不貞行為を証明するのには不十分であるだろうと考えられます。自宅に他の女性と一緒にいたことだけでは、直接には不貞行為の証明とはならず、その他の会話やメールのやり取りなどと合わせて、その時に不貞行為であったことを証明する必要があるでしょう。
 一方で、ラブホテルから二人で出てきた写真を撮影できた場合には、不貞行為の立証として十分と言われます。ラブホテル内で過ごしていたのであれば、それだけで、性行為していたことが強く推認されるからです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。