lawyerseye さんが 2017/12/11 に更新
【弁護士EYE】扶養義務

【弁護士EYE】扶養義務

夫婦間には扶養義務があり、その内容は、生活保持義務、平たく言えば、相手が自分と同程度の水準の生活をできるようにする義務です。

夫婦間には扶養義務 同程度の生活水準

 この生活保持義務に、夫が刑事事件を起こした場合に、身元引受人になったり、情状証人として法廷に出廷したりする義務までは含まれませんが、刑事手続の中で配偶者の存在及びそのサポートは非常に有利な事情となります。
 高島礼子が、高知東生の判決後に離婚したのも、少しでも高知に有利な判決がでることを狙ってのことかもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】縁

【弁護士EYE】縁

たくさんの男女関係にまつわる法律相談を扱っていますと、「縁」というものを考えるときがあります。


恋の駆け引き

恋の駆け引き

男女は縁で結ばれている?


【弁護士EYE】仕事の終わり

【弁護士EYE】仕事の終わり

離婚の調停や裁判が終わったら弁護士の仕事が終わりかというと、他の金銭請求の案件等とは異なり、なかなかそうはいきません。離婚で裁判所の手が離れた後、多くのケースで「面会交流」をめぐって揉めます。


キスでわかる女性の性格

キスでわかる女性の性格

キスの仕方で女性の性格がわかるという。


【弁護士EYE】離婚とSEO

【弁護士EYE】離婚とSEO

皆さん、弁護士を探すときは、どうしますか。身近に相談できる弁護士がいれば別ですが、いない場合はインターネットで検索することが多いのではないでしょうか。