riconsodan さんが 2018/02/06 に更新
警察官も不倫する

警察官も不倫する

誰も不倫と無縁とは限らない。

不倫 無縁 警察官 警察署内

 たとえば、品行方正であるべき警察官も人間であり不倫もする。個人的な問題で、警察官だからといって咎めることはできない。
 しかし、それが勤務中や署内で行われていたとなると、「警察官も同じ人間だから」と大目に見るわけにはいくまい。
 兵庫県西宮市では、女性係長(40)と妻子を持つ副主査(35)が庁舎会議室で淫らな行為を繰り返していた。常に緊張を強いられる中、ちょっとした気の緩みに発情してしまったのだろうか。たとえ発情を許せても、いくらなんでも庁舎内はまずいだろう。しかも、女性係長は逢瀬を重ねるうちに副主査の妻を妬むようになり、妻の携帯に無言電話や中傷のビラをまき、それに怒った副主査は行為中の写真を撮り、無料通信アプリで送信する脅しの報復に出るという泥仕合にまで発展した。この一連の不祥事は上層部にバレ、彼らは淫らな行為による職務専念義務違反で停職3カ月の処分を受けた。女性係長は依願退職。恥ずかしく警察内にはいられなかったのだろう。
 兵庫県警の他の警察署内でも既婚の男性警部(39)と部下の巡査(30)が不倫に夢中になっていた。ちょうどお互いの当直勤務が重なったのをいいことに、明け方の午前5時に持ち場を離れ、同署内の武道場更衣室で稽古ならぬ性行為という寝技を決め込んだのである。防犯の最前線基地であるはずの署をラブホ代わりにされては、市民は安心して夜も眠れない。本人たちは気持ちよく寝ただろうが。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


高橋由美子、ラブホ白昼不倫

高橋由美子、ラブホ白昼不倫

女優の高橋由美子が妻子持ちの実業家と新宿歌舞伎町のラブホテルで白昼堂々と不倫したのを週刊文春に報じられた。


かつてのアイドルの明暗

かつてのアイドルの明暗

斉藤由貴と小泉今日子。


不倫でも愛人でもいいの

不倫でも愛人でもいいの

既婚者を好きになってしまった女性の9割近くは最後は諦めるという。


不倫で後悔

不倫で後悔

不倫は危険な“ゲーム”である。


【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

妻が、夫が不倫をしたといった場合、不倫相手について知りたいと考えるのは、おかしなことではありません。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。