riconsodan さんが 2018/02/02 に更新
不倫の代償

不倫の代償

今年4月に東大阪で妻の不倫に激昂し、暴行を加え死亡させ傷害致死の罪に問われた夫に対し、大阪地裁は懲役3年執行猶予5年の有罪判決を下した。

不倫 激昂 男と女の関係

 判決内容は「抵抗しない被害者に対して暴行を繰り返したのは厳しい非難を免れない」とした一方、「被告人が激しい怒りを覚えたのは理解でき、重大な傷害を負わせる意図はなかった」というもの。
 妻に魔が差したのか、夫に愛想を尽かしての不倫なのかその中身はわからないが、果たして不倫は殺されるほどの悪行なのか。亡くなった妻は決死の覚悟で不倫をしていたわけではあるまいに、その代償は取り返しのつかないものとなってしまった。
 これとは逆に不倫した妻や夫を責めるのではなく、不倫相手に噛みつくケースも少なくない。それぞれの事情はあるだろうが、果たして責められるべきなのは一体誰なのか?
 不倫しておきながら、「アンタに甲斐性がないからよ」と開き直られ切り返されることもあり、なんとも男と女の関係は難しい。
 旧刑法に姦通罪なるものがあったが、法律で解決を図りきれるものでもあるまいに。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


高橋由美子、ラブホ白昼不倫

高橋由美子、ラブホ白昼不倫

女優の高橋由美子が妻子持ちの実業家と新宿歌舞伎町のラブホテルで白昼堂々と不倫したのを週刊文春に報じられた。


かつてのアイドルの明暗

かつてのアイドルの明暗

斉藤由貴と小泉今日子。


不倫でも愛人でもいいの

不倫でも愛人でもいいの

既婚者を好きになってしまった女性の9割近くは最後は諦めるという。


不倫で後悔

不倫で後悔

不倫は危険な“ゲーム”である。


【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

妻が、夫が不倫をしたといった場合、不倫相手について知りたいと考えるのは、おかしなことではありません。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。