lawyerseye さんが 2018/02/01 に更新
【弁護士EYE】夫婦の毎日のコミュニケーション

【弁護士EYE】夫婦の毎日のコミュニケーション

不貞行為が見つかったこと、DVがあったこと等、明確に離婚を決意に至る出来事があって弁護士に相談に来られる方でも、その法律相談のときには、それらの出来事に止まらない、日常的な相手に対する不満を言ってこられる方が多いです。

夫婦間のコミュニケーション 不満 離婚相談 決意

 夫婦間のコミュニケーションのまずさの積み重ねが、離婚に至る出来事につながってしまうものだと感じます。逆に、夫婦が、毎日、コミュニケーションを良好にとれていれば、何かがあっても離婚という選択肢につながらないことが多いのでしょう。
 タレントのヒロミさんと松本伊代さん夫婦のエピソードは、その典型例だと言えます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】問題が大きくなる前に相談を

【弁護士EYE】問題が大きくなる前に相談を

離婚のご相談を受けたときに、離婚についての話し合いや、その夫婦の関係が、どのような段階にあるのかは様々です。


【弁護士EYE】別れたい人、別れたくない人

【弁護士EYE】別れたい人、別れたくない人

離婚相談で、別れたい人、別れたくない人(復縁したい人)いずれの話も聞くことがあります。


【弁護士EYE】人生相談

【弁護士EYE】人生相談

離婚相談に乗っていると、法律的な相談ではなく、人生相談に乗っているのではないかと思うことも少なくありません。


【弁護士EYE】「我慢」を証拠に

【弁護士EYE】「我慢」を証拠に

「ここまでいろいろなことを我慢してきました。もう限界です。」という離婚相談は非常に多いです。特に熟年離婚になると、子供が成人するまでは我慢してきた方が実際に多いのでしょう。


【弁護士EYE】離婚までにかかる期間

【弁護士EYE】離婚までにかかる期間

離婚相談に来られた方が驚かれるのは、弁護士をつけた後、裁判までを想定した場合の離婚までにかかる期間です。


最新の投稿


おばさん語が恋愛を遠ざける

おばさん語が恋愛を遠ざける

結婚相談所のベテラン相談員から聞いた話である。


【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

インターネットで、「夫」というキーワードで検索すると、関連あるキーワードとして、「嫌い」、「浮気」、「モラハラ」といったキーワードが出てきます。


若い男性は外出がお嫌い

若い男性は外出がお嫌い

国土交通省の調べによると、20代の男性の休日の外出率は51.1%で、実に半分の若者はせっかくの休みの日を家の中でゴロゴロしているというのがわかった。この傾向はすでに30年前から始まっていて、若者はどんどん家に“籠もり”始めているというのだ。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


どこからが不倫?~その境界線

どこからが不倫?~その境界線

不倫とは?