lawyerseye さんが 2018/01/29 に更新
 【弁護士EYE】重要な視点

【弁護士EYE】重要な視点

離婚は、結婚をしていないとできません。

離婚をしないようにする 相手の見極め 尊重できない相手

 そこで、離婚をしないようにするためには、結婚段階で慎重に相手を見極めておくことが必要です。具体的には、金銭感覚はどうか、異性関係はどうか、コミュニケーションが上手くとれるか、精神的な問題はないかなどをしっかりと把握しておくことが必要です。今あげたもの以外に、特に重要視すべき事項があれば、それも加味しておく必要があります。重要な視点としては、パートナーのことを人格的に尊重できないような相手であったら、結婚はやめたほうがいいでしょう

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


おばさん語が恋愛を遠ざける

おばさん語が恋愛を遠ざける

結婚相談所のベテラン相談員から聞いた話である。


【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

インターネットで、「夫」というキーワードで検索すると、関連あるキーワードとして、「嫌い」、「浮気」、「モラハラ」といったキーワードが出てきます。


若い男性は外出がお嫌い

若い男性は外出がお嫌い

国土交通省の調べによると、20代の男性の休日の外出率は51.1%で、実に半分の若者はせっかくの休みの日を家の中でゴロゴロしているというのがわかった。この傾向はすでに30年前から始まっていて、若者はどんどん家に“籠もり”始めているというのだ。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


どこからが不倫?~その境界線

どこからが不倫?~その境界線

不倫とは?