lawyerseye さんが 2018/01/29 に更新
 【弁護士EYE】重要な視点

【弁護士EYE】重要な視点

離婚は、結婚をしていないとできません。

離婚をしないようにする 相手の見極め 尊重できない相手

 そこで、離婚をしないようにするためには、結婚段階で慎重に相手を見極めておくことが必要です。具体的には、金銭感覚はどうか、異性関係はどうか、コミュニケーションが上手くとれるか、精神的な問題はないかなどをしっかりと把握しておくことが必要です。今あげたもの以外に、特に重要視すべき事項があれば、それも加味しておく必要があります。重要な視点としては、パートナーのことを人格的に尊重できないような相手であったら、結婚はやめたほうがいいでしょう

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て