lawyerseye さんが 2018/01/29 に更新
 【弁護士EYE】重要な視点

【弁護士EYE】重要な視点

離婚は、結婚をしていないとできません。

離婚をしないようにする 相手の見極め 尊重できない相手

 そこで、離婚をしないようにするためには、結婚段階で慎重に相手を見極めておくことが必要です。具体的には、金銭感覚はどうか、異性関係はどうか、コミュニケーションが上手くとれるか、精神的な問題はないかなどをしっかりと把握しておくことが必要です。今あげたもの以外に、特に重要視すべき事項があれば、それも加味しておく必要があります。重要な視点としては、パートナーのことを人格的に尊重できないような相手であったら、結婚はやめたほうがいいでしょう

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。