lawyerseye さんが 2018/01/29 に更新
 【弁護士EYE】重要な視点

【弁護士EYE】重要な視点

離婚は、結婚をしていないとできません。

離婚をしないようにする 相手の見極め 尊重できない相手

 そこで、離婚をしないようにするためには、結婚段階で慎重に相手を見極めておくことが必要です。具体的には、金銭感覚はどうか、異性関係はどうか、コミュニケーションが上手くとれるか、精神的な問題はないかなどをしっかりと把握しておくことが必要です。今あげたもの以外に、特に重要視すべき事項があれば、それも加味しておく必要があります。重要な視点としては、パートナーのことを人格的に尊重できないような相手であったら、結婚はやめたほうがいいでしょう

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


すぐ別れちゃう女

すぐ別れちゃう女

熱しやすく冷めやすいということなのか。


【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

同じ職場で離婚等の男女トラブルに発展するケースは、弁護士に相談に来られる例でも少なくありません。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。