lawyerseye さんが 2018/01/25 に更新
【弁護士EYE】夫婦円満の基礎

【弁護士EYE】夫婦円満の基礎

不貞行為、いわゆる不倫は、時間的に融通が利く人に多いような印象があります。

不貞行為 時間の融通

 例えば、単身赴任であるとか、出張が多いとか、夜間の仕事が多い人とかを挙げることができます。逢瀬のために時間を柔軟に捻出でき、かつ、宿泊してもパートナーに不自然さを悟られないからです。
 なかなか容易ではないかもしれませんが、夫婦ともに規則正しい就業リズムと生活リズム、これが一緒にいる時間を増やしてコミュニケーションを増やし、かつ不倫リスクの高まる一緒に居ない時間を減らすので、結果として、夫婦円満の基礎になると思います。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。


【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

裁判において、不貞行為があったことを認定するための証拠としてよく例に上げられるものに、(探偵などに撮影させた)ラブホテルから出入りするときの写真というものがあります。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


【弁護士EYE】不貞行為を牽制

【弁護士EYE】不貞行為を牽制

日本において裁判所が当事者に試験を課すというのはありませんが、ご相談の中には、不貞行為が奥様にばれた後に、奥様から奥様の誕生日や記念日を問う試験(?)をさせられて、その結果が散々であったため、最後に「次に不貞行為をした場合には慰謝料として500万円支払う」という誓約書を書かされた方がいました。


【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?


最新の投稿


すぐ別れちゃう女

すぐ別れちゃう女

熱しやすく冷めやすいということなのか。


【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

同じ職場で離婚等の男女トラブルに発展するケースは、弁護士に相談に来られる例でも少なくありません。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。