lawyerseye さんが 2018/01/25 に更新
【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

現代社会では、精神疾患は決して一部の例外的な人だけがなるものではなく、誰しもがいつでもなりうる身近なものになりました。配偶者が精神疾患にかかって仕事をやめ、八方塞がりの中、離婚したいという相談を受けることもよくあります。

離婚原因 精神疾患 精神病 離婚

 このような精神疾患や精神病は、離婚原因として正当化されるのでしょうか。判例を見ると、確かに認められる例はあるのですが、心神喪失の常況にあるような場合、たとえば植物状態が数年間続いている状況などの場合に、その配偶者の療養看護等、事後の生活の担保までできている状況で認めているなど、やはり簡単には認められないようです。精神疾患等は、自己責任とはいえないものですので、当たり前といえば当たり前の実務かもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】2人の目指す方向性

【弁護士EYE】2人の目指す方向性

弁護士に離婚のご相談に来られる方は、既に夫婦関係に何らかの支障が生じ、又はそれが修復不可能な状況となっている場合がほとんどで、価値観の相違といったレベルではなく、互いを忌み嫌う関係になってしまっています。


【弁護士EYE】相手の素性調査

【弁護士EYE】相手の素性調査

離婚事件において、相手の素性について調査依頼を受けることはがよくあります。


最新の投稿


すぐ別れちゃう女

すぐ別れちゃう女

熱しやすく冷めやすいということなのか。


【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

同じ職場で離婚等の男女トラブルに発展するケースは、弁護士に相談に来られる例でも少なくありません。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。