lawyerseye さんが 2018/01/25 に更新
【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

現代社会では、精神疾患は決して一部の例外的な人だけがなるものではなく、誰しもがいつでもなりうる身近なものになりました。配偶者が精神疾患にかかって仕事をやめ、八方塞がりの中、離婚したいという相談を受けることもよくあります。

離婚原因 精神疾患 精神病 離婚

 このような精神疾患や精神病は、離婚原因として正当化されるのでしょうか。判例を見ると、確かに認められる例はあるのですが、心神喪失の常況にあるような場合、たとえば植物状態が数年間続いている状況などの場合に、その配偶者の療養看護等、事後の生活の担保までできている状況で認めているなど、やはり簡単には認められないようです。精神疾患等は、自己責任とはいえないものですので、当たり前といえば当たり前の実務かもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。


【弁護士EYE】外国人との離婚

【弁護士EYE】外国人との離婚

日本人と外国人との間の離婚は、想像以上にたくさんの問題が発生します。


【弁護士EYE】身体的特徴が原因

【弁護士EYE】身体的特徴が原因

身体的特徴が原因で離婚に至るというケースはいままで出会ったことはありませんが、前も一度書いたように、配偶者の精神疾患がひどくなり、離婚を求めるケースは少なくないように思います。


【弁護士EYE】社会的地位の高い方の離婚

【弁護士EYE】社会的地位の高い方の離婚

社会的地位の高い方の離婚であっても、特に一般人と大きく異なることはありませんが、そのような属性を持つ多くの依頼者は、「終わり方」を気にします。


宇多田ヒカル離婚

宇多田ヒカル離婚

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(35)がまた離婚した。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。