lawyerseye さんが 2018/01/25 に更新
【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

【弁護士EYE】離婚原因として精神疾患や精神病は認められるのか

現代社会では、精神疾患は決して一部の例外的な人だけがなるものではなく、誰しもがいつでもなりうる身近なものになりました。配偶者が精神疾患にかかって仕事をやめ、八方塞がりの中、離婚したいという相談を受けることもよくあります。

離婚原因 精神疾患 精神病 離婚

 このような精神疾患や精神病は、離婚原因として正当化されるのでしょうか。判例を見ると、確かに認められる例はあるのですが、心神喪失の常況にあるような場合、たとえば植物状態が数年間続いている状況などの場合に、その配偶者の療養看護等、事後の生活の担保までできている状況で認めているなど、やはり簡単には認められないようです。精神疾患等は、自己責任とはいえないものですので、当たり前といえば当たり前の実務かもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


【弁護士EYE】裁判所での調停

【弁護士EYE】裁判所での調停

裁判所での調停等においては、どちらか一方が、離婚を求めているケースが通常ですので、裁判所が復縁を提案するというのは、あまり見られません。


【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

最も典型的な離婚のケースは、一方はどうしても離婚したいのに、相手が離婚に応じず、なかなか離婚に至らないケースです。


【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

夫婦関係が悪化し、別居をしていたとしても、夫婦はその資産・収入・社会的地位に応じて通常の社会生活を維持するために必要な費用をお互いに分担する必要があり、これを「婚姻費用」といいます。


離婚に際しての婚姻費用の分担義務

離婚に際しての婚姻費用の分担義務

夫婦には「生活保持義務」がある。


最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て