riconsodan さんが 2018/01/24 に更新
愛の物差し~ボッサードの法則

愛の物差し~ボッサードの法則

アメリカの心理学者ボッサードによると、男女間の物理的な距離が近いほど心理的距離も縮まるという。

アメリカ 心理学者 ボッサード 男女間の物理的な距離が近いほど心理的距離も縮まる 確率の法則 恋愛 相手探し

 要するに、仲良くなれる確率の法則だ。
 たとえば、相手の住んでいるところが乗り物を使わず歩いていける距離にある場合、時間や費用など移動にかかる負担が小さくて済み、いつでも気軽に会える距離内にいることが心理的な安心感をもたらし、恋愛にいい影響を及ぼすというのである。
 となると、遠距離恋愛や単身赴任は愛を深める意味ではハンデになるが……。
 あくまでも確率であるが、お互いの距離が離れれば離れるほどに破局に向う確率は高まるという。すでにそんな状況にある人は、一時だけの物理的なハンデとお互いを信じ、当面はSNSとかで心理的には距離を感じさせない工夫で関係を保つことだろう。
 これから恋愛しようとする人は、たとえば合コンで相手探しをする時は、住いや職場が近い人に狙いを定めてアタックするのが恋愛を成就させるまさに近道かもしれない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


離婚の前触れ

離婚の前触れ

アメリカの社会学会でユニークな報告がなされた。


間違った結婚

間違った結婚

結婚式は二人にとって人生最高の舞台であり、最も愛に満ち溢れた瞬間であろう。


最新の投稿


おばさん語が恋愛を遠ざける

おばさん語が恋愛を遠ざける

結婚相談所のベテラン相談員から聞いた話である。


【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

【弁護士EYE】キーワードが意味するもの

インターネットで、「夫」というキーワードで検索すると、関連あるキーワードとして、「嫌い」、「浮気」、「モラハラ」といったキーワードが出てきます。


若い男性は外出がお嫌い

若い男性は外出がお嫌い

国土交通省の調べによると、20代の男性の休日の外出率は51.1%で、実に半分の若者はせっかくの休みの日を家の中でゴロゴロしているというのがわかった。この傾向はすでに30年前から始まっていて、若者はどんどん家に“籠もり”始めているというのだ。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


どこからが不倫?~その境界線

どこからが不倫?~その境界線

不倫とは?