lawyerseye さんが 2018/01/05 に更新
【弁護士EYE】早期離婚

【弁護士EYE】早期離婚

離婚の御相談において、婚姻期間を確認すると、数カ月というものが時折あります。

早期離婚 パートナーの浮気が早々に発覚 生活費を入れてくれない 将来が不安

 原因を確認すると、パートナーの浮気が早々に発覚したとか、生活費を入れてくれず将来が不安になったとか、一緒に暮らしてみると価値観が違いすぎたとか、原因自体は不自然なものではありません。
 特に価値観の相違は、一緒に結婚生活を送ってみて初めて顕在化してくるものですのである程度致し方ないとも思えますが、御相談内容を聞く限り、相手が結婚を機にいきなり豹変したということもあるようです。
 こればっかりは、結婚前にどれだけ相手のことを知っていても想定できないところですので、事故だと割り切って早期に離婚した方が、再婚の機会も増えますし、離婚に伴う厄介な手続も少なくて済みますので、得策ではないでしょうか。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


スマホの中は不幸がいっぱい

スマホの中は不幸がいっぱい

夫婦といえども相手のスマホを覗き見ることはご法度である。


【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

男女関係における「別れ」において、特に不倫関係の場合は注意が必要であることは言うまでもありません。


彼氏はできてもすぐに別れる、何故?

彼氏はできてもすぐに別れる、何故?

モテるがなぜかすぐに別れる。いや、男から捨てられるのである。


【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

一度、婚約破棄に伴う指輪の返還請求の依頼を受けて行ったことがあります。


【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

離婚歴のある独身男性が、結婚相手として人気が出てきているということである。