lawyerseye さんが 2018/01/05 に更新
【弁護士EYE】早期離婚

【弁護士EYE】早期離婚

離婚の御相談において、婚姻期間を確認すると、数カ月というものが時折あります。

早期離婚 パートナーの浮気が早々に発覚 生活費を入れてくれない 将来が不安

 原因を確認すると、パートナーの浮気が早々に発覚したとか、生活費を入れてくれず将来が不安になったとか、一緒に暮らしてみると価値観が違いすぎたとか、原因自体は不自然なものではありません。
 特に価値観の相違は、一緒に結婚生活を送ってみて初めて顕在化してくるものですのである程度致し方ないとも思えますが、御相談内容を聞く限り、相手が結婚を機にいきなり豹変したということもあるようです。
 こればっかりは、結婚前にどれだけ相手のことを知っていても想定できないところですので、事故だと割り切って早期に離婚した方が、再婚の機会も増えますし、離婚に伴う厄介な手続も少なくて済みますので、得策ではないでしょうか。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


政治家の下半身

政治家の下半身

かつて日米とも政治家の女性問題は全く問題にされてこなかった。関係者も記者もセックススキャンダルには見て見ぬふりだった。


シングルマザーが犯罪をおかしたら?

シングルマザーが犯罪をおかしたら?

離婚し、子供の親権もとり、つましくも二人で平穏に暮らしていた。が、母親が事件を起してしまった。子供はどうなる?


上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

「離婚して正解だったかな」


誰でも一度は考える離婚    ~奥田瑛二と安藤和津の場合

誰でも一度は考える離婚 ~奥田瑛二と安藤和津の場合

エッセイストでタレントの安藤和津が夫の奥田瑛二と離婚危機にあったことを語った。