lawyerseye さんが 2018/01/05 に更新
【弁護士EYE】早期離婚

【弁護士EYE】早期離婚

離婚の御相談において、婚姻期間を確認すると、数カ月というものが時折あります。

早期離婚 パートナーの浮気が早々に発覚 生活費を入れてくれない 将来が不安

 原因を確認すると、パートナーの浮気が早々に発覚したとか、生活費を入れてくれず将来が不安になったとか、一緒に暮らしてみると価値観が違いすぎたとか、原因自体は不自然なものではありません。
 特に価値観の相違は、一緒に結婚生活を送ってみて初めて顕在化してくるものですのである程度致し方ないとも思えますが、御相談内容を聞く限り、相手が結婚を機にいきなり豹変したということもあるようです。
 こればっかりは、結婚前にどれだけ相手のことを知っていても想定できないところですので、事故だと割り切って早期に離婚した方が、再婚の機会も増えますし、離婚に伴う厄介な手続も少なくて済みますので、得策ではないでしょうか。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。