lawyerseye さんが 2018/01/05 に更新
【弁護士EYE】早期離婚

【弁護士EYE】早期離婚

離婚の御相談において、婚姻期間を確認すると、数カ月というものが時折あります。

早期離婚 パートナーの浮気が早々に発覚 生活費を入れてくれない 将来が不安

 原因を確認すると、パートナーの浮気が早々に発覚したとか、生活費を入れてくれず将来が不安になったとか、一緒に暮らしてみると価値観が違いすぎたとか、原因自体は不自然なものではありません。
 特に価値観の相違は、一緒に結婚生活を送ってみて初めて顕在化してくるものですのである程度致し方ないとも思えますが、御相談内容を聞く限り、相手が結婚を機にいきなり豹変したということもあるようです。
 こればっかりは、結婚前にどれだけ相手のことを知っていても想定できないところですので、事故だと割り切って早期に離婚した方が、再婚の機会も増えますし、離婚に伴う厄介な手続も少なくて済みますので、得策ではないでしょうか。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】縁

【弁護士EYE】縁

たくさんの男女関係にまつわる法律相談を扱っていますと、「縁」というものを考えるときがあります。


恋の駆け引き

恋の駆け引き

男女は縁で結ばれている?


【弁護士EYE】仕事の終わり

【弁護士EYE】仕事の終わり

離婚の調停や裁判が終わったら弁護士の仕事が終わりかというと、他の金銭請求の案件等とは異なり、なかなかそうはいきません。離婚で裁判所の手が離れた後、多くのケースで「面会交流」をめぐって揉めます。


キスでわかる女性の性格

キスでわかる女性の性格

キスの仕方で女性の性格がわかるという。


【弁護士EYE】離婚とSEO

【弁護士EYE】離婚とSEO

皆さん、弁護士を探すときは、どうしますか。身近に相談できる弁護士がいれば別ですが、いない場合はインターネットで検索することが多いのではないでしょうか。