lawyerseye さんが 2017/12/14 に更新
 【弁護士EYE】無縁社会

【弁護士EYE】無縁社会

大人になると、皆が結婚すると思っていたが、周りをみると結婚をしていない人がそれなりにいることに気が付きます。

結婚してない人 無縁社会 単身者

 自分が死んだときに、どうなるのだろうと考える人も多いでしょう。このような社会は、無縁社会とも呼ばれています。単身者が、親も兄弟もいない場合、火葬は、死亡地の市町村長が行います(墓地、埋葬等に関する法律第9条)。残した財産がある場合は、国庫に帰属します(民法959条)。もし、財産をお世話になったことがある人に贈りたい場合は、遺言を書いておくとよいでしょう。

この記事のライター

最新の投稿


スマホの中は不幸がいっぱい

スマホの中は不幸がいっぱい

夫婦といえども相手のスマホを覗き見ることはご法度である。


【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

男女関係における「別れ」において、特に不倫関係の場合は注意が必要であることは言うまでもありません。


彼氏はできてもすぐに別れる、何故?

彼氏はできてもすぐに別れる、何故?

モテるがなぜかすぐに別れる。いや、男から捨てられるのである。


【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

一度、婚約破棄に伴う指輪の返還請求の依頼を受けて行ったことがあります。


【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

離婚歴のある独身男性が、結婚相手として人気が出てきているということである。