lawyerseye さんが 2017/12/14 に更新
 【弁護士EYE】無縁社会

【弁護士EYE】無縁社会

大人になると、皆が結婚すると思っていたが、周りをみると結婚をしていない人がそれなりにいることに気が付きます。

結婚してない人 無縁社会 単身者

 自分が死んだときに、どうなるのだろうと考える人も多いでしょう。このような社会は、無縁社会とも呼ばれています。単身者が、親も兄弟もいない場合、火葬は、死亡地の市町村長が行います(墓地、埋葬等に関する法律第9条)。残した財産がある場合は、国庫に帰属します(民法959条)。もし、財産をお世話になったことがある人に贈りたい場合は、遺言を書いておくとよいでしょう。

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】縁

【弁護士EYE】縁

たくさんの男女関係にまつわる法律相談を扱っていますと、「縁」というものを考えるときがあります。


恋の駆け引き

恋の駆け引き

男女は縁で結ばれている?


【弁護士EYE】仕事の終わり

【弁護士EYE】仕事の終わり

離婚の調停や裁判が終わったら弁護士の仕事が終わりかというと、他の金銭請求の案件等とは異なり、なかなかそうはいきません。離婚で裁判所の手が離れた後、多くのケースで「面会交流」をめぐって揉めます。


キスでわかる女性の性格

キスでわかる女性の性格

キスの仕方で女性の性格がわかるという。


【弁護士EYE】離婚とSEO

【弁護士EYE】離婚とSEO

皆さん、弁護士を探すときは、どうしますか。身近に相談できる弁護士がいれば別ですが、いない場合はインターネットで検索することが多いのではないでしょうか。