lawyerseye さんが 2017/12/20 に更新
【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

夫婦間の財産分与は、夫婦が婚姻期間中に双方の協力によって得た財産が対象になり、その分与割合は当事者の合意によりますが、調停ですと概ね折半となります。

夫婦間 財産分与 折半 財産の把握

離婚調停では、通帳や固定資産税納税通知書から、預金額や不動産額を把握して分与の対象となる財産を確定していきますが、あくまで当事者が任意で提出したものがベースになりますので、こっそり隠し口座を作られると正直把握することは困難になります。ですので、稀ではありますが、財産分与に場合を備えて、できるだけ財産を隠す方法を法律相談で質問される場合もあります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

携帯・スマホの中には人には見られたくない情報がいっぱい詰まっている。夫婦といえども勝手に携帯・スマホを見られては、不快を通り越し、信頼関係を損ないかねない。


【弁護士EYE】 財産分与

【弁護士EYE】 財産分与

夫婦における財産がどちらに帰属するかは離婚の際に問題になってきます。


【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

 離婚をした場合、専業主婦を想定すると、財産分与で余程多くの財産を受け取る場合を除いて、生活のレベルは結婚前後で下がることになるのが、一般的である。  離婚後は、別れた夫から受け取ることができるのは養育費だけであり、子供がいなければそれすらもらうことができない。


【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

夫婦間において、相手が浮気したことを理由に自分も浮気した場合、相互に慰謝料請求ができることになります。


 【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

有名人の離婚でよく「慰謝料ゼロ」という報道がなされますが、これは必ずしも一方から他方へ一銭も支払われないということではありません。


最新の投稿


【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


別居中、鍵を換えられていた

別居中、鍵を換えられていた

夫婦喧嘩のたびに家を出る人がいる。一時の感情を冷やし、仲直りの方法の一つではあるが、夫婦には本来、同居義務がある。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


別居との正しい向き合い方

別居との正しい向き合い方

そもそも別居とは夫婦それぞれが夫婦でありながら別々に暮らすことをいう。一般的に離婚を視野に入れた生活形態で、そのための第一歩といってもいいだろう。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


離婚 子供 別居 夫婦喧嘩 別居中 かすがい