lawyerseye さんが 2017/12/20 に更新
【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

夫婦間の財産分与は、夫婦が婚姻期間中に双方の協力によって得た財産が対象になり、その分与割合は当事者の合意によりますが、調停ですと概ね折半となります。

夫婦間 財産分与 折半 財産の把握

離婚調停では、通帳や固定資産税納税通知書から、預金額や不動産額を把握して分与の対象となる財産を確定していきますが、あくまで当事者が任意で提出したものがベースになりますので、こっそり隠し口座を作られると正直把握することは困難になります。ですので、稀ではありますが、財産分与に場合を備えて、できるだけ財産を隠す方法を法律相談で質問される場合もあります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】協議離婚とは

【弁護士EYE】協議離婚とは

離婚協議書は、調停や裁判など裁判所を使った離婚ではなく、当事者同士の話し合いで離婚できる場合に、離婚すること及び離婚で発生する権利義務(親権はどちらが持つのか、養育費はいくらでいつまで払うか、慰謝料はいくらか、財産分与の方法・金額、面会交流の方法など)を記載するものです。


夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

携帯・スマホの中には人には見られたくない情報がいっぱい詰まっている。夫婦といえども勝手に携帯・スマホを見られては、不快を通り越し、信頼関係を損ないかねない。


【弁護士EYE】 財産分与

【弁護士EYE】 財産分与

夫婦における財産がどちらに帰属するかは離婚の際に問題になってきます。


【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

 離婚をした場合、専業主婦を想定すると、財産分与で余程多くの財産を受け取る場合を除いて、生活のレベルは結婚前後で下がることになるのが、一般的である。  離婚後は、別れた夫から受け取ることができるのは養育費だけであり、子供がいなければそれすらもらうことができない。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。