lawyerseye さんが 2017/12/18 に更新
【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

婚約はあくまでも“結婚の約束”でしかなく、結婚への法的強制力はない、と言われるのは、婚約には結婚への拘束力はないということを言うものにすぎません。実際に結婚が成立するためには、その両性が結婚する意志のもとで婚姻届を出さなくてはいけないのです。

婚約破棄 違法となるケース 強制力

 つまり、婚約後に心変わりすれば、婚姻届を提出するまでは、強制的に結婚しなくてはいけない、ということにはならないのです。
 とはいえ、婚約を破棄された側としては、強制的に結婚をさせることは出来ないとしても、慰謝料としての損害賠償請求が認められる場合があります。それは、正式に婚約が成立していたのに、正当な理由なく婚約を破棄された場合です。
 正式に婚約が成立していたというためには、2人の間での口頭での約束でも十分なのですが、婚約指輪を渡していたとか、家族に婚約の挨拶をしていた等の外形的な出来事があると、それは認められやすくなります。
 また、正当な理由というのは、気分が変わったというだけの理由や、単なる性格の不一致、親の反対等では、認められないと言われます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

一度、婚約破棄に伴う指輪の返還請求の依頼を受けて行ったことがあります。


男が婚約破棄をする時

男が婚約破棄をする時

婚約はあくまでも“結婚の約束”でしかなく、結婚への法的強制力はない。


【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

男と女の恋愛のうち、遊びではない、本気の交際というのは、お互いに結婚を意識した付き合い、ということができるでしょう。


最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。