riconsodan さんが 2017/12/15 に更新
男が婚約破棄をする時

男が婚約破棄をする時

婚約はあくまでも“結婚の約束”でしかなく、結婚への法的強制力はない。

婚約破棄 法的強制力

「やっぱり、や~めた」と言ってしまえば、おしまいだ。
男にしてみれば、恋人として素敵な彼女でも、いざ結婚となると二の足を踏んで婚約破棄するケースが珍しくない。
なぜ、男は“逃げる”?
まず、日頃の彼女を見ていて、「この子、料理、洗濯、掃除……大丈夫?」とこの先思いやられる小さな理由が見つかると、それが結婚生活の不安になる。
当然、結婚後のシミュレーションもする。楽しいことよりもデメリットばかりを気にするのだ。好きなように使っていた給料は、結婚後は小遣い制に、夜遊びもそこそこに帰宅時間を気にしなければならないのかと。
まわりからは祝福ムードばかりではなく、「おまえ、あの女でいいのか?」と無責任なことを言う悪友が必ずいて、なぜかそのひと言が気になってしようがない。
結婚は女性にとって人生の一大イベントである。ウエディングドレス、披露宴、新婚旅行、さらにその先の子供についての家族計画、老後と女性の想像力はどこまでも続く。それを聞かされる方としては、「もう俺の人生きまっちゃってるの?」と引きかない。
婚約したからといって浮かれてばかりいないで、ゴールするまで彼の揺れ動く気持ちをしっかり繋ぎ止めておかないと悲劇が待っている。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

一度、婚約破棄に伴う指輪の返還請求の依頼を受けて行ったことがあります。


【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

婚約はあくまでも“結婚の約束”でしかなく、結婚への法的強制力はない、と言われるのは、婚約には結婚への拘束力はないということを言うものにすぎません。実際に結婚が成立するためには、その両性が結婚する意志のもとで婚姻届を出さなくてはいけないのです。


【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

男と女の恋愛のうち、遊びではない、本気の交際というのは、お互いに結婚を意識した付き合い、ということができるでしょう。


最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。