riconsodan さんが 2017/12/13 に更新
フラリーマン急増中

フラリーマン急増中

仕事を終えても用事もないのにフラフラして真っ直ぐに帰宅しない男性諸氏を、サラリーマンをもじって「フラリーマン」という。 なぜ早く帰らないのか?

フラリーマン 真っ直ぐに帰宅しない男性

「今、せっかく子供を寝かしつけたところなのに」と「ただいま!」の大きな声のせいにされ、それがトラウマになったというフラリーマンがいる。
「飛んで火に入る夏の虫」とばかりに、「ちょうどよかった、そこのお皿洗っといてくれる」と家事を押しつけられるのを嫌がるフラリーマンもいる。
また、あまり早く帰ってしまうと「仕事がないのでは」と心配をさせるてしまうと車のシートを倒して、1時間ばかり時間を潰してから「ただいま」をするフラリーマンも。
帰りを待つ妻の側も、「旦那が早く帰ってくると鬱陶しいし、予定が崩れる」とフラリーマンを望んでいる声も少なくない。
3組に1組が離婚する時代を思えば、こういう現象が起こるのも合点がいく。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。