lawyerseye さんが 2017/12/06 に更新
【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?

プラトニックラブ 不倫 離婚訴訟の俎上 不貞行為 配偶者 夫婦関係

 民法上の離婚事由である「不貞行為」は、配偶者のいる者が、自由意志で、配偶者以外の者と性的関係・肉体関係を持つことをいいます。その前提となっているのは、夫婦間における貞操義務、すなわち夫婦が相互に配偶者以外の相手と性的関係をもたない義務です。
 そうすると、性的関係を持つことのないプラトニックな関係を、配偶者以外の者と持つようになったとしても、それが離婚事由となることはありません。
 ただし、そのプラトニックラブによる夫婦関係への影響が強いときは、総合的にみて、「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、離婚が認められるケースがあるでしょう。プラトニックラブとは言え、配偶者との関係をないがしろにして、正常な夫婦関係を継続できない状況となった場合には、婚姻関係は破たんしていると言えるからです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


夫の不倫の原因は妻にも……

夫の不倫の原因は妻にも……

まず、ここでは生来の“女好き”な亭主は、ビョーキとして無視する。


不倫から離婚、そして再婚へ

不倫から離婚、そして再婚へ

離婚理由の大きな1つに不倫がある。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできません。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


最新の投稿


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。


夫の不倫の原因は妻にも……

夫の不倫の原因は妻にも……

まず、ここでは生来の“女好き”な亭主は、ビョーキとして無視する。