lawyerseye さんが 2017/09/15 に更新
【弁護士EYE】慰謝料や財産分与には税金がかかるの?

【弁護士EYE】慰謝料や財産分与には税金がかかるの?

まだ離婚していない方にとっては関係ないようで関係のある話ですが、離婚の際に受け取る慰謝料や財産分与には税金がかかるのでしょうか。

慰謝料 財産分与 税金

 まず慰謝料については、「贈与」ではなく損害賠償ですから、贈与税はかかりません。また、所得でもありませんので、所得税も課税されません。以上が原則です。
 次に財産分与についても、夫婦が婚姻期間中に形成した財産を清算するだけですから、「贈与」でも「所得」でもありませんので、原則としてかかりません。
 ただし、以上は原則論です。慰謝料が不当に高かったり、分与する財産が婚姻期間中に形成した財産の半分からかけ離れたりしている場合は、「贈与」と認定され、贈与税が課される可能性があります。
 せっかくもらったお金に税金がかかってしまわないよう、これらの点は弁護士や税理士に相談したいものです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙による健康被害の問題である。


【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

離婚に伴う慰謝料は、あくまで離婚及びその原因となった行為によって一方が被った精神的損害を賠償するものであり、離婚をすれば必ず発生するというものではありません。


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

 離婚をした場合、専業主婦を想定すると、財産分与で余程多くの財産を受け取る場合を除いて、生活のレベルは結婚前後で下がることになるのが、一般的である。  離婚後は、別れた夫から受け取ることができるのは養育費だけであり、子供がいなければそれすらもらうことができない。


 【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

有名人の離婚でよく「慰謝料ゼロ」という報道がなされますが、これは必ずしも一方から他方へ一銭も支払われないということではありません。


最新の投稿


離婚は遺伝する!?

離婚は遺伝する!?

親が離婚していると、その子も離婚する?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


離婚している人は人間性に問題あり?

離婚している人は人間性に問題あり?

果して、離婚経験者は人間性に問題があるのだろうか?


【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。


夫と離婚したいと思う瞬間

夫と離婚したいと思う瞬間

「結婚は地獄の入り口」なんて言い方がある。