riconsodan さんが 2017/09/27 に更新
風俗は浮気か?

風俗は浮気か?

成人男子の4割が風俗を経験しているという。

風俗 浮気 4割が経験

 風俗を利用するのは、なにもパートナーのいない独身男性に限ったことではない。
 そんな中でその男子に聞いたところ、「風俗は浮気ではない」と答えたのが半数近くに及んだ。これに対して女子は7割以上が「浮気」だと断罪する。この数字は年代によって変わってくるが、興味深いのは50~60代の男女で、男性の6割は「風俗は浮気ではない」としているのに対し、特に60代の女性の8割以上が「浮気」と嫌悪感を示している。
 この代の男性の風俗通いがバレた時、パートナーとのトラブルは避けられそうにない。
 ちなみに「売春防止法」が施行されたのは1958年で、この年に生まれた人は今年59歳。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


カレが浮気をしたら

カレが浮気をしたら

カレが浮気をしたら?


浮気の線引き

浮気の線引き

男女における興味深いアンケートがある。


【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

夫婦間において、相手が浮気したことを理由に自分も浮気した場合、相互に慰謝料請求ができることになります。


浮気は止められない

浮気は止められない

浮気に関する米デンバー大学の調査結果である。


離婚したくないし、しないが、今だに許せない

離婚したくないし、しないが、今だに許せない

浮気や不倫は離婚理由の一つである。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。