lawyerseye さんが 2017/09/07 に更新
【弁護士EYE】弁護士を探す基準

【弁護士EYE】弁護士を探す基準

離婚について弁護士に依頼しようという時、知り合いにはいないとすると、一番安心して相談できるのは、ご自身が信頼できる知人からの紹介だと思いますが、弁護士を紹介してくれるような知人もいないとなったら、どのような基準で探すのが良いでしょうか。

弁護士を探す基準

 離婚をより多く・専門的に取り扱っていて、より交渉や裁判に強い弁護士はいないか、という視点で探したい気持ちになるのはよく分かります。しかし、法律事務所のホームページ等を見ても、なかなかそのような情報は分からないことが多いです。
 弁護士探しにおいては、依頼する弁護士の経験や能力よりも、その弁護士との相性がより重要ではないかと感じます。その弁護士は、きちんとコミュニケーションをとってくれ、自分の話を聞いてくれるか。その話しぶりや振る舞いを見て、信頼できると感じるか。といったことです。
 法律を扱う事件の中でも離婚事件というのは、結局のところ感情的に納得できるか。という要素の割合が大きいと言えます。そうすると、自分の気持ちを分かってくれて、相手方との交渉・調停に立ってくれるかという信頼感が重要だと思うのです。ですから、例えば、生活習慣等から考え方を理解してくれる同郷出身という理由だけで弁護士に頼むというのもいいアイデアとも言えるでしょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。