riconsodan さんが 2017/08/21 に更新
ワンオペ育児を救え

ワンオペ育児を救え

ワンオペ育児。

ワンオペ育児 一人で全てをこなす

 配偶者の単身赴任など何らかの理由で一人で仕事や家事、育児のすべてをこなさなければならない状態のことをさす(ワンオペレーションの略)。言い換えれば、ブラック企業の家庭版といったところか。
 女性の中には子供の教育環境を変えたくないなどを理由に、夫に単身赴任をしてもらう人が少なくない。その代償として大きな負担がのしかかってくるのだ。自分が病気になった時の不安、自分の時間をほとんど持てずオシャレなんてできるはずもない。誰にも相談できず孤独感に苛まれる。
「母親なんだから仕方ないだろう、みんなやっていることなんだし」なんて夫に言われようものならば、心は折れ、絆は破綻し、限りなく離婚に近づく。
 自らが選んだ生活スタイルゆえに、不安や孤独の持って行き場がないのが辛い。せめて週末、単身赴任の夫からのサポートやエールの一つさえあれば……。
 ワンオペ育児は覚悟が必要なのか?

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


最新の投稿


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


政治家の下半身

政治家の下半身

かつて日米とも政治家の女性問題は全く問題にされてこなかった。関係者も記者もセックススキャンダルには見て見ぬふりだった。


シングルマザーが犯罪をおかしたら?

シングルマザーが犯罪をおかしたら?

離婚し、子供の親権もとり、つましくも二人で平穏に暮らしていた。が、母親が事件を起してしまった。子供はどうなる?


上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

「離婚して正解だったかな」


誰でも一度は考える離婚    ~奥田瑛二と安藤和津の場合

誰でも一度は考える離婚 ~奥田瑛二と安藤和津の場合

エッセイストでタレントの安藤和津が夫の奥田瑛二と離婚危機にあったことを語った。