lawyerseye さんが 2017/07/26 に更新
【弁護士EYE】内縁関係と同棲

【弁護士EYE】内縁関係と同棲

婚姻をしていない男女が同居する場合として、内縁関係と同棲があります。

内縁 同棲 同居 婚姻をしていない男女

 内縁関係が認められると、婚姻に準じた法的地位が認められます。例えば、内縁関係にある期間は、夫婦と同様、同居義務、お互いに協力して扶助する義務や相手以外の異性と性的関係を持たない貞操(守操)義務などがあります。内縁関係を解消する場合には、財産分与も認められます。
 他方、同棲はこうした義務や権利が認められます。
 では、内縁と同棲の違いは何でしょうか。内縁も同棲も、外形的には同居している点で共通していますので、違いがあるのは、お互いの気持ちです。つまり、お互い婚姻する意思があるか否かです。ここでいう婚姻する意思とは、いつか婚姻届けを出す意思ではなく、社会的・実質的に夫婦になろうとする意志です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


離婚後同居

離婚後同居

結婚していながら別居している夫婦はよくあるケースだが、離婚した後も同居を続ける夫婦がいる。離婚後同居である。


【弁護士EYE】長い交際関係

【弁護士EYE】長い交際関係

弁護士の業界では有名な話ですが、数年前に以下のような記事が週刊誌で報道されました。


最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。