lawyerseye さんが 2017/07/21 に更新
【弁護士EYE】離婚ノート

【弁護士EYE】離婚ノート

離婚するためにも、準備が必要です。そのための第一歩としては、現在の夫婦を巡る状況を整理しなければなりません。

離婚ノート 準備 夫婦を巡る状況を整理

 整理は、頭でやみくもに考えていてできるものではありませんので、ノートにまとめると良いでしょう。離婚したい人は、離婚ノートを作ることから、離婚の第一歩が始まります。まず、相手方の生活状況(ここで、浮気がないかが検討されうるでしょう。)、相手方の自分に対する態度、行動(ここでは、モラハラ、DV等問題行為を記録する必要があります。)、現在の家計の状況、離婚した際の別居にかかる費用、必要生活費の計上、現在の家庭にある財産状況(保険はあるか、家を購入している場合は、残債がいくらあるか、現金・預金、有価証券はあるか)、子どもがいる場合は、子どもと親の関係性等をノートに記録するのです。そうすることで何をしなければならないのかが明確になってきます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。