lawyerseye さんが 2017/06/21 に更新
【弁護士EYE】配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査

【弁護士EYE】配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査

警察庁による、配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査によると、被害者の性別として、平成 24 年は、男性2,372人であるのに対し、女性41,578人であったのですが、平成28年は、男性10,496人であるのに対し、女性59,412人となり、加害者の女性の比率が増えています。

警視庁 配偶者 暴力 被害者 加害者 調査

 暴力のあり方としては、精神的暴力、身体的暴力、経済的暴力、性的暴力が考えられます。妻からの暴力が離婚事由になるかについては、夫からの暴力が離婚事由になるかを評価する際と変わらずに、性別は関係なく暴力は暴力として評価されることになります。被害者となる者は、ときに、自分が悪いと思いがちで、被害を被害として認識できない場合があります。自分がおかれている状況について不安がある場合は、適切な関係機関に相談をされるとよいでしょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

【弁護士EYE】配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできない

配偶者が罪を犯したことで、直ちに裁判離婚はできません。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


【弁護士EYE】再婚からのトラブル

【弁護士EYE】再婚からのトラブル

厚生労働省の調査によると、再婚件数は、夫妻とも再婚の場合と夫婦どちらか一方が再婚の場合を合わせると、全婚姻件数の約4分の1を占めています。夫婦別にみると、平成27年(2015年)の「全婚姻件数に対する再婚件数の割合」は夫19.7%、妻16.8%となっています。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


浮気は止められない

浮気は止められない

浮気に関する米デンバー大学の調査結果である。


最新の投稿


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。


夫の不倫の原因は妻にも……

夫の不倫の原因は妻にも……

まず、ここでは生来の“女好き”な亭主は、ビョーキとして無視する。