lawyerseye さんが 2017/04/07 に更新
【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。

夫婦と言葉 言葉の省略 コミュニケーション

 夫婦関係も同じです。しかし、夫婦といえども、自分とは違う別個の人間です。相手の理解力や言葉に対するとらえ方を理解して、コミュニケーションをとっていく必要があります。妻だから理解してくれるだろうというのは、勝手な思い込みにすぎません。コミュニケーションをとっていくときには、相手の理解できる言葉を、理解できる仕方で紡いでいく必要があります。何か相手に伝わっていないと感じるときがあったら、それは、言葉の選択を誤っているか、言葉の伝え方が誤っているかのどちらかです。普段意識しない言葉の存在ですが、一度意識してみるのもよりよい夫婦関係を築くことにつながるかもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。