lawyerseye さんが 2017/04/07 に更新
【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。

夫婦と言葉 言葉の省略 コミュニケーション

 夫婦関係も同じです。しかし、夫婦といえども、自分とは違う別個の人間です。相手の理解力や言葉に対するとらえ方を理解して、コミュニケーションをとっていく必要があります。妻だから理解してくれるだろうというのは、勝手な思い込みにすぎません。コミュニケーションをとっていくときには、相手の理解できる言葉を、理解できる仕方で紡いでいく必要があります。何か相手に伝わっていないと感じるときがあったら、それは、言葉の選択を誤っているか、言葉の伝え方が誤っているかのどちらかです。普段意識しない言葉の存在ですが、一度意識してみるのもよりよい夫婦関係を築くことにつながるかもしれません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て