lawyerseye さんが 2017/04/05 に更新
【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。

元夫 シングルマザー 再婚 養育費

 まず、元夫による養育費支払いの法的な根拠は、実親子関係による扶養義務を前提とするものです。親が離婚をしたとしても、親子の関係には変わりがないのであるから、離婚後は直接には子の監護をしなくなった方も、子の生活費を負担すべきという考え方です。
 シングルマザーが再婚するとき、連れ子も新しい夫の苗字を名乗るようにする等のため、再婚した新しい夫が子と養子縁組をすることがあります。この場合、新しい夫と子との間には養親子関係が発生し、新しい夫も、子に対する扶養義務を負うことになります。
 養父ができたからといって、実父の扶養義務がなくなるということはないのですが、扶養義務を第1次的に負うのは、現に生活を共にしている養父とされています。したがって、養父に十分な収入があり、子の生活は不自由していないときには、養育費の支払義務が免除される、というのが一般的な取り扱いとなっています。
 それでは、再婚しても新しい夫とこの養子縁組をしなければ、元夫からの養育費をそのまま受け取っていけるのかというと、そうではないと思われます。新しい夫と生活している限り、妻と子の生活費は新しい夫の収入によって増えることが通常ですから、それを勘案して、元夫の養育費の金額が大きく減額され又は免除される可能性が高いのです。
 離婚の際だけではなく、再婚を考えたときにも、専門家に相談することをおすすめします。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

23歳で早婚し、41歳で再婚した作家の岩井志麻子が自らの経験をふまえて晩婚の渋味について語った。


あの矢口真里の今

あの矢口真里の今

タレントの矢口真里(35)がバラエティ番組で不倫離婚騒動以来、これまでの経緯を語った。


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


【弁護士EYE】高収入の妻

【弁護士EYE】高収入の妻

高収入の妻は大変なのは確かですが、弁護士業務をやっていると、それでもやはり高収入の妻は恵まれていると感じることがあります。


 【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

有名人の離婚でよく「慰謝料ゼロ」という報道がなされますが、これは必ずしも一方から他方へ一銭も支払われないということではありません。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。