lawyerseye さんが 2017/04/05 に更新
【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。

元夫 シングルマザー 再婚 養育費

 まず、元夫による養育費支払いの法的な根拠は、実親子関係による扶養義務を前提とするものです。親が離婚をしたとしても、親子の関係には変わりがないのであるから、離婚後は直接には子の監護をしなくなった方も、子の生活費を負担すべきという考え方です。
 シングルマザーが再婚するとき、連れ子も新しい夫の苗字を名乗るようにする等のため、再婚した新しい夫が子と養子縁組をすることがあります。この場合、新しい夫と子との間には養親子関係が発生し、新しい夫も、子に対する扶養義務を負うことになります。
 養父ができたからといって、実父の扶養義務がなくなるということはないのですが、扶養義務を第1次的に負うのは、現に生活を共にしている養父とされています。したがって、養父に十分な収入があり、子の生活は不自由していないときには、養育費の支払義務が免除される、というのが一般的な取り扱いとなっています。
 それでは、再婚しても新しい夫とこの養子縁組をしなければ、元夫からの養育費をそのまま受け取っていけるのかというと、そうではないと思われます。新しい夫と生活している限り、妻と子の生活費は新しい夫の収入によって増えることが通常ですから、それを勘案して、元夫の養育費の金額が大きく減額され又は免除される可能性が高いのです。
 離婚の際だけではなく、再婚を考えたときにも、専門家に相談することをおすすめします。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】 離婚事件簿「子連れ再婚の苦悩」

【弁護士EYE】 離婚事件簿「子連れ再婚の苦悩」

弁護士として活動していて「ステップファミリー」に会うケースはそれほど多くない。なぜなら「ステップファミリー」になる前段階の離婚の際に弁護を行うからだ。むしろ「ステップファミリー」に会うことがあるのは,離婚後の法律問題,つまり養育費などの付随的問題の場合である。


【弁護士EYE】NEWS「子供は夫婦関係のバロメーター」

【弁護士EYE】NEWS「子供は夫婦関係のバロメーター」

子供のいる夫婦関係において、子供の存在は重要なものであり、


シングルマザーが犯罪をおかしたら?

シングルマザーが犯罪をおかしたら?

離婚し、子供の親権もとり、つましくも二人で平穏に暮らしていた。が、母親が事件を起してしまった。子供はどうなる?


【弁護士EYE】養育費の支払い

【弁護士EYE】養育費の支払い

離婚協議で決めた養育費が支払われなくて困っているという話はよく聞きますが、経験上、最初から全く払われないことはあまりありません。


元夫が逮捕されたら養育費は?

元夫が逮捕されたら養育費は?

父母ともに離婚したら、相手に子供に対する生活保持義務から養育費を請求することができる。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。