lawyerseye さんが 2017/01/30 に更新
【弁護士EYE】夫婦関係修復カウンセリング

【弁護士EYE】夫婦関係修復カウンセリング

夫婦の仲が、一旦こじれてしまった場合、修復のための外的なリソースは存在しないのでしょうか。

カウンセリング 修復 夫婦関係調整調停 円満 調停員

夫婦関係調整調停(円満)という裁判手続きが、現在利用できる公的なサービスです。調停員が、夫婦の間に入り、話を聞き、調整を図ることを目的とした手続きです。調停ですと、限られた時間で、スケジュールの自由もあまりきかず、利用しにくい面があります。民間では、夫婦関係の修復を目的としたカウンセリングを提供するカウンセラーや弁護士が存在します。夫婦関係がこじれる原因の1つとして、コミュニケーションがうまくいっていないことが上げられます。コミュニケーションがうまくいっていないと、お互いが相手に求めることもうまく伝えられず、フラストレーションがたまっていくものです。第三者に話をよく聞いてもらい、自分が思っていることを今までと違った形で、第三者を介して伝えてもらう、コミュニケーションの仕方を是正していくことを目的として、弁護士によるカウンセリングは行なわれています。ご興味がある方は、RICON相談ドットコムにお問い合せください。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。