lawyerseye さんが 2017/01/30 に更新
【弁護士EYE】夫婦関係修復カウンセリング

【弁護士EYE】夫婦関係修復カウンセリング

夫婦の仲が、一旦こじれてしまった場合、修復のための外的なリソースは存在しないのでしょうか。

カウンセリング 修復 夫婦関係調整調停 円満 調停員

夫婦関係調整調停(円満)という裁判手続きが、現在利用できる公的なサービスです。調停員が、夫婦の間に入り、話を聞き、調整を図ることを目的とした手続きです。調停ですと、限られた時間で、スケジュールの自由もあまりきかず、利用しにくい面があります。民間では、夫婦関係の修復を目的としたカウンセリングを提供するカウンセラーや弁護士が存在します。夫婦関係がこじれる原因の1つとして、コミュニケーションがうまくいっていないことが上げられます。コミュニケーションがうまくいっていないと、お互いが相手に求めることもうまく伝えられず、フラストレーションがたまっていくものです。第三者に話をよく聞いてもらい、自分が思っていることを今までと違った形で、第三者を介して伝えてもらう、コミュニケーションの仕方を是正していくことを目的として、弁護士によるカウンセリングは行なわれています。ご興味がある方は、RICON相談ドットコムにお問い合せください。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。