lawyerseye さんが 2017/01/24 に更新
【弁護士EYE】協議離婚について

【弁護士EYE】協議離婚について

日本の協議離婚は、役所に提出する離婚届に形式的な不備がなければ成立となり、役所が2人の意思を確認するための手続も、裁判所に許可を求めるといったこともありません。

国の数だけ離婚もいろいろ 協議離婚

 もし、喧嘩をした勢いで自分が署名した離婚届を突き付けたが、冷静になってから翻意したという時には、離婚届をきちんと破棄するか、離婚届の「不受理申出」を行っておかなければいけないでしょう。勝手に離婚届が役所に提出されてしまうと、離婚がそのまま正式に成立するからです。「不受理申出」とは、離婚の意思がないのに離婚届が作成された場合や、離婚届に署名した後に翻意した場合に、離婚届を受理しないよう、夫婦の一方が、本籍地の市区町村長に申し出ておくことが出来る制度です。
 このように、日本では紙切れ一枚で籍を入れたり出したり出来ると言われますが、それには、日本においては古来より、当事者の合意(夫婦双方の親族の合意)があれば、離婚が認められていたという文化的背景があります。「三行半(みくだりはん)」という夫からの離縁状の風習があったことはよく知られていますが、これも、双方の協議のうえで夫側から交付されることが多かったようです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】話し合いで解決

【弁護士EYE】話し合いで解決

離婚にあたっては、2人で話し合い、協議離婚ができるのであれば、手続としては離婚届を作成し、市役所に提出するだけです。しかし、2人での話し合いがつかない場合は、法的手続を取る必要があります。


【弁護士EYE】「離婚は計画的に」

【弁護士EYE】「離婚は計画的に」

離婚をしたい場合、協議離婚が円満に運ぶ以外は、相手方を説得するためにも、それなりの離婚事由が必要となります。


【弁護士EYE】離婚理由もいろいろあります

【弁護士EYE】離婚理由もいろいろあります

離婚理由もいろいろで、離婚理由の数だけ夫婦の数もあるというのは、その通りだと思います。


【弁護士EYE】協議離婚とは

【弁護士EYE】協議離婚とは

離婚協議書は、調停や裁判など裁判所を使った離婚ではなく、当事者同士の話し合いで離婚できる場合に、離婚すること及び離婚で発生する権利義務(親権はどちらが持つのか、養育費はいくらでいつまで払うか、慰謝料はいくらか、財産分与の方法・金額、面会交流の方法など)を記載するものです。


【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

【弁護士EYE】「離婚したくない」という相談は難しい

 弁護士として扱う案件の中で、離婚を切り出されたが離婚したくない、というご相談はなかなか難しいものです。


最新の投稿


すぐ別れちゃう女

すぐ別れちゃう女

熱しやすく冷めやすいということなのか。


【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

【弁護士EYE】同じ職場での男女トラブル

同じ職場で離婚等の男女トラブルに発展するケースは、弁護士に相談に来られる例でも少なくありません。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。