lawyerseye さんが 2017/01/20 に更新
【弁護士EYE】年の差婚から見る相続について

【弁護士EYE】年の差婚から見る相続について

片方が高齢で、しかも資産家である場合のいわゆる「年の差婚」では、常に相続目的では?という疑いの目が世間から向けられます。

離婚しにくい年齢差は? 年の差婚 相続 財産

 しかし、結婚が愛情に基づくものでなければならないという法律はありませんので、相続目的の婚姻も原則として有効になります。ただ、婚姻の形態によっては婚姻が無効になる場合もあります。たとえば、判例では、仮装婚の事例について、婚姻の届出自体について当事者間に意思の合致があったとしても、それが単に他の目的を達するための便法として仮託されたものにすぎないときは、婚姻は効力を生じないとしています。要するに完全に違う目的で行われている仮装の婚姻は無効だということです。
 年の差婚について考えてみると、夫婦のうち若い方が、年輩の方の財産を相続する目的で婚姻する場合でも、当然年配の方は相続目的と知った上でその対価としての夫婦生活を望んだわけですから、婚姻が無効と判断されることはないと考えられます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】婚姻生活中の財産について

【弁護士EYE】婚姻生活中の財産について

婚姻生活が円満なときには気にしないけれど、いざうまくいかなくなり離婚を考えるようになると気になるのが、婚姻生活中に使ったり貯めたりした財産についてです。


不倫で離婚しても財産は私のもの?

不倫で離婚しても財産は私のもの?

「他に好きな人ができたから別れたい」


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。