riconsodan さんが 2017/01/23 に更新
国の数だけ離婚もいろいろ

国の数だけ離婚もいろいろ

伝統や風習、宗教の違いから国によって離婚のあり方もいろいろである。

国の数だけ離婚 離婚手続き

 離婚手続きということでいえば、日本ほど簡単な国はない。
 ドロ沼訴訟は別として、協議離婚の場合、当人同士の署名捺印と証人2人の署名捺印がされた離婚届を役所に提出すればそれでおしまいなわけだから。
 たとえば、これがイタリアだとそうは簡単にはいかない。そもそもカトリックの影響の強いここでは従来、離婚は認められていなかった。1970年に離婚法ができて初めて離婚制度が導入された。でも、両者が離婚に同意したからといって別居から3年以上過ぎない限り離婚にはいたらない仕組みだ。別居中に恋人ができても不倫にはならず、同居も法的に問題はない。ただ離婚して再婚となると、別居実績3年を経て離婚資格を得、裁判を経なければならず、その道のりは長い。
 インドだと当人の同意では全く駄目で、必ず裁判所の手続きを踏まなければならない。たとえ離婚が成立しても、財産権を持たない女性は僅かな扶養料だけで家を追い出されてしまう。
 こう考えていくと、果して日本人に生まれてきて良かったと思っていいのか。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。