lawyerseye さんが 2016/12/22 に更新
【弁護士EYE】通勤時間が長いと離婚率がアップする

【弁護士EYE】通勤時間が長いと離婚率がアップする

「アメリカでは通勤に45分以上を要すると、離婚率が40%高まる」という情報は興味深いものです。

通勤時間が長いと離婚率がアップする 通勤時間 離婚率 家族と過ごす時間 家族と過ごしていない時間

 確かに、通勤時間が長いと、家族と過ごす時間の質及び量が低下するので、離婚率が高まるというのは、非常に説得力があるように思います。家族と過ごす時間の質及び量は離婚に影響を及ぼす重要な要素と言えそうです。
 離婚案件を扱っていて思うのは、「家族と過ごしていない時間」も「家族と過ごす時間」と同じように離婚に影響を及ぼしかねない重要な要素と言えると思います。
 家族と過ごしていない時間がギャンブルや不倫に利用されていれば、離婚の可能性は高まると思います。他方で、その時間が通勤や仕事に利用されていれば、直接的には離婚には影響はなさそうです。
 したがって、「家族と過ごす時間」だけでなく、その裏面である「家族と過ごしていない時間」も離婚への影響を分析するにあたり重要な要素と言えます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


スピード婚の離婚率は高いが……

スピード婚の離婚率は高いが……

若い人に限らず、恋が一気に燃え上がり、そのままゴールというスピード婚がある。


夫と姑が仲がいいと……

夫と姑が仲がいいと……

嫁と姑の関係が夫婦仲に影響することは今さらいうまでもない。


離婚しにくい年齢差は?

離婚しにくい年齢差は?

一番離婚率の低いカップルの年齢差は0である。同い年の二人だ。


【特集】通勤時間が長いと離婚率がアップする

【特集】通勤時間が長いと離婚率がアップする

アメリカでの調査によると、通勤時間と離婚率に相関関係があるという。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。