lawyerseye さんが 2019/08/21 に更新
【弁護士EYE】偽りの独身者

【弁護士EYE】偽りの独身者

既婚男性が結婚をしていることを隠して、女性と付き合うことは果たして許されるのでしょうか。

既婚男性 隠す 付き合う

 裁判例には、男性が既婚者であることを隠し、相手の女性と結婚の約束をし、性的関係を伴う10年以上の交際をし、2度の中絶手術、3度目の妊娠のときに別れた事案で、相手の男性の行為は、人格権侵害の継続的不法行為にあたるとして、慰謝料として500万円を認めたものがあります。この事案と全く同じではなくとも、既婚者であることを隠して、相手の女性に結婚を期待させて交際を続けることは、不法行為として認定される余地があります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】偽りの独身者

【弁護士EYE】偽りの独身者

既婚男性が結婚をしていることを隠して、女性と付き合うことは果たして許されるのでしょうか。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。