riconsodan さんが 2016/06/22 に更新
【夫婦の事件簿】「殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ」

【夫婦の事件簿】「殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ」

 『2013 警察白書』(警察庁)によると、殺人事件の発生事由総数で最も多いのが親族間におけるもので、続くのが「異性問題による面識者への殺人」だそうだ。

2013 警察白書 殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ

 要するに、痴情のもつれというやつだが、浮気や不倫などの一方の裏切りが即、傷害や殺人に発展している。当事者は弁護士が仲に入って和解しやり直す努力をはかったり、お互い心的に最小限の痛みで解決させることを飛び越し、刃傷沙汰で決着させてしまう。その後に残される子供や親族等の関係者らの迷惑などお構いなしだ。ふと気がつくと、後悔だけが重くのしかかる。避けることができるはずと思うだけに実に不幸なことである。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。


ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。