riconsodan さんが 2016/06/22 に更新
【夫婦の事件簿】「殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ」

【夫婦の事件簿】「殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ」

 『2013 警察白書』(警察庁)によると、殺人事件の発生事由総数で最も多いのが親族間におけるもので、続くのが「異性問題による面識者への殺人」だそうだ。

2013 警察白書 殺人事件の原因の2位は痴情のもつれ

 要するに、痴情のもつれというやつだが、浮気や不倫などの一方の裏切りが即、傷害や殺人に発展している。当事者は弁護士が仲に入って和解しやり直す努力をはかったり、お互い心的に最小限の痛みで解決させることを飛び越し、刃傷沙汰で決着させてしまう。その後に残される子供や親族等の関係者らの迷惑などお構いなしだ。ふと気がつくと、後悔だけが重くのしかかる。避けることができるはずと思うだけに実に不幸なことである。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。