lawyerseye さんが 2019/06/27 に更新
【弁護士EYE】異常な性癖を持つ相手からの離婚請求

【弁護士EYE】異常な性癖を持つ相手からの離婚請求

結婚をした相手が異常な性癖を持ち、その性癖に付き合わなければ離婚をすると言われたら、離婚せざるを得ないのでしょうか。

異常な性癖 離婚 可能性 事実上

 回答としては、相手の異常な性癖に付き合う必要はなく、それが離婚事由になることはありません。しかし、相手が離婚調停を申し立ててきた場合、相手は何を考えているのでしょうか。調停は当然不調に終わる可能性があるのですが、離婚を求め続けることで離婚訴訟にフェーズが移行し、和解離婚へ持ち込みたいのかもしれません。相手の異常な性癖のため、離婚に事実状追い込まれていくのは到底耐えられることではないでしょう。この場合は、異常な性癖への無理な対応を求められたことについて、慰謝料を求めて損害賠償請求訴訟を地方裁判所で起こすことも一案です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?


離婚しても再婚があるさ

離婚しても再婚があるさ

3組に1組が離婚する時代であるが、再婚も負けてはいない。


 【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

離婚について相談に乗っていて感じるのは、一方的な離婚が困難であることに気付いていない方が多いということです。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。