lawyerseye さんが 2019/06/27 に更新
【弁護士EYE】異常な性癖を持つ相手からの離婚請求

【弁護士EYE】異常な性癖を持つ相手からの離婚請求

結婚をした相手が異常な性癖を持ち、その性癖に付き合わなければ離婚をすると言われたら、離婚せざるを得ないのでしょうか。

異常な性癖 離婚 可能性 事実上

 回答としては、相手の異常な性癖に付き合う必要はなく、それが離婚事由になることはありません。しかし、相手が離婚調停を申し立ててきた場合、相手は何を考えているのでしょうか。調停は当然不調に終わる可能性があるのですが、離婚を求め続けることで離婚訴訟にフェーズが移行し、和解離婚へ持ち込みたいのかもしれません。相手の異常な性癖のため、離婚に事実状追い込まれていくのは到底耐えられることではないでしょう。この場合は、異常な性癖への無理な対応を求められたことについて、慰謝料を求めて損害賠償請求訴訟を地方裁判所で起こすことも一案です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


離婚も結婚も金次第?

離婚も結婚も金次第?

離婚の大きな原因の一つに「お金」にまつわることがある。夫の浪費癖や借金苦、生活費を入れてくれない等々だ。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

離婚時の財産分与はそれまでに二人で築いた資産を平等に分けるという手続きになります。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。