lawyerseye さんが 2019/06/25 に更新
【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。

夫婦 秘密 離婚 決意

 例えば、夫が自身の学歴や年収を偽っていたことが発覚した場合、妻としては、本当のことを知っていたら結婚していなかった、離婚したいと考えても無理もないことだと思います。
 裁判で離婚が認められる理由は民法に定められていますが、その多くは「婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」(民法770条1項5号)に該当するかどうか、で判断されます。
 先ほどの例で言うと、夫の学歴や年収だけを理由に結婚をしたわけではないと考えられ、夫が嘘をついていたことのみを理由にその結婚生活を継続することが不可能(婚姻を継続し難い重大な事由がある)とまでは言えない、と考えるのが通常ですので、この夫の嘘だけでは離婚が裁判で認められることはないと思われます。
 隠し事をされた側にとっては、大事なことを隠されていたこと自体が、裏切り行為であり、許せないという気持ちになっても当然ですが、離婚裁判になった際には、隠し事をしていたからといって直ちに離婚が認められるというわけにはいかず、その事情が「婚姻を継続し難い重大な事由」と言えるかどうかが重要となるのです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?


離婚しても再婚があるさ

離婚しても再婚があるさ

3組に1組が離婚する時代であるが、再婚も負けてはいない。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。