lawyerseye さんが 2019/06/25 に更新
【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。

夫婦 秘密 離婚 決意

 例えば、夫が自身の学歴や年収を偽っていたことが発覚した場合、妻としては、本当のことを知っていたら結婚していなかった、離婚したいと考えても無理もないことだと思います。
 裁判で離婚が認められる理由は民法に定められていますが、その多くは「婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」(民法770条1項5号)に該当するかどうか、で判断されます。
 先ほどの例で言うと、夫の学歴や年収だけを理由に結婚をしたわけではないと考えられ、夫が嘘をついていたことのみを理由にその結婚生活を継続することが不可能(婚姻を継続し難い重大な事由がある)とまでは言えない、と考えるのが通常ですので、この夫の嘘だけでは離婚が裁判で認められることはないと思われます。
 隠し事をされた側にとっては、大事なことを隠されていたこと自体が、裏切り行為であり、許せないという気持ちになっても当然ですが、離婚裁判になった際には、隠し事をしていたからといって直ちに離婚が認められるというわけにはいかず、その事情が「婚姻を継続し難い重大な事由」と言えるかどうかが重要となるのです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


離婚も結婚も金次第?

離婚も結婚も金次第?

離婚の大きな原因の一つに「お金」にまつわることがある。夫の浪費癖や借金苦、生活費を入れてくれない等々だ。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。