lawyerseye さんが 2019/06/21 に更新
【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。

離婚 理由 相談 社会的 成功

 社会的に成功した夫は、愛人をもつ場合も多いです。ただ、いざ離婚を検討する時には、妻側は、仮に夫が不倫をしている場合でも、妻自身の将来の先行きが不安でむしろ婚姻状態を望む方が多いように感じます。夫が十分な収入を得て、愛人を作った場合であっても、そのような場合、夫は妻や家族にも十分な生活をさせている場合が多いです。このような状況で離婚してしまうと、妻側は、もちろん現在ある資産から財産分与はもらえますが、離婚後の夫の収入から、いわば分前をもらうことはできなくなってしまいます。そうであっても離婚したいという妻の方は少ないのではないかというふうに感じています。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?


離婚しても再婚があるさ

離婚しても再婚があるさ

3組に1組が離婚する時代であるが、再婚も負けてはいない。


 【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

離婚について相談に乗っていて感じるのは、一方的な離婚が困難であることに気付いていない方が多いということです。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。