lawyerseye さんが 2019/06/19 に更新
 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。

相談 事前 インターネット 調べてくる

 法的知識を持っているという点で申しますと、一度ご自身で同種の経験がある方は、やはり格別です。
 例えば、かつて妻子持ちの男性と不倫をして、その妻から法的責任の追及を受けた経験のある方は、ご自身の配偶者が不倫した場合に、その不倫相手に対する責任追及の方法について非常に詳しいということがありました。ただし、詳しいからといって、それが法的にすべて正しいとは限りません。やり方によっては脅迫になりかねませんので注意が必要です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


 【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

【弁護士EYE】一方的な離婚が困難であること

離婚について相談に乗っていて感じるのは、一方的な離婚が困難であることに気付いていない方が多いということです。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


【弁護士EYE】離婚相談の内容で離婚問題を法的に全く必要のない内容であることが多い理由

【弁護士EYE】離婚相談の内容で離婚問題を法的に全く必要のない内容であることが多い理由

弁護士に相談に来られる方の話す内容の半分ぐらいは、離婚問題を法的に解決するのに全く必要のない内容であることが多いです。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

【弁護士EYE】弁護士が専門家として介在する意味

我々弁護士のもとに相談に来る人は、色々と事前情報を入れて来られる方が多いです。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。