lawyerseye さんが 2019/06/17 に更新
 【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

離婚を考えた後に、どう離婚話を切り出すかを迷う場面としては、その決意の程度によって、完全に離婚以外の選択肢はないと考えている場合と、そうではなくやり直す余地もあり得る場合、という2つの場面があります。

離婚 切り出し方 決意 パートナー 対話

 後者の場合は、その伝え方をよく考えて、パートナーとの対話が十分に出来るように工夫する必要があります。唐突に「離婚」という言葉を口にすること自体が適切ではない、ということもあるでしょう。
 一方で、前者の場合は、伝え方というよりも、離婚への準備が整っているかが大切と思われます。“離婚の原因が夫婦どちらにあったか”は、離婚請求が認められるか、又はそれに伴う慰謝料を考える上で重要ですが、“どちらが先に言い出したか”“何と言って離婚話を切り出したか”は、裁判では重要視される事情ではありません。
 特に夫の収入で生活する妻にとっては、離婚後の住居や生活費等、離婚後のご自身の生活の準備をしておかないと苦労することになります。DVやモラハラ、夫の不倫を理由に離婚をするのであれば、その証拠を集めておくことも、調停や裁判となった場合には重要となります。財産分与の対象となる夫婦の財産にはどのようなものがあるかも、事前に調べてリスト化しておくと良いでしょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


離婚も結婚も金次第?

離婚も結婚も金次第?

離婚の大きな原因の一つに「お金」にまつわることがある。夫の浪費癖や借金苦、生活費を入れてくれない等々だ。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

離婚時の財産分与はそれまでに二人で築いた資産を平等に分けるという手続きになります。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。