lawyerseye さんが 2019/06/04 に更新
【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。

不倫 発覚後 慰謝料 請求 夫婦 不倫相手 パートナー パターン

 いずれにしても、不倫をされた側は、深く傷つくこととなり、慰謝料を請求したいと思う方がいます。夫が不倫した場合を考えると、妻が、慰謝料を請求できる立場にあります。
 そこで、不倫発覚を理由に離婚となった場合に、妻が夫に対して慰謝料を請求するというのはよくあることです。
 さらに、妻は、不倫相手の女性に対しても慰謝料を請求することもありますが、それには、不倫相手の女性が、夫が妻帯者であることを知っていることが必要で、「奥さんがいるとは知らなかった」という反論があり得るのです。もっとも、夫がいつも結婚指輪をしていたり、女性にも落ち度があったりする場合にはそのような反論は認められません。また、夫婦が離婚に至っていない場合は、慰謝料金額は低くなると言われます。
 相手との交渉でまとまらない場合の法的な手続としては、妻は、夫と不倫相手の女性の両方を相手に、慰謝料を請求する調停を家庭裁判所に申し立てることもできますし、別個に調停を申し立てることもできます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


離婚にまでいたる夫婦喧嘩のパターン

離婚にまでいたる夫婦喧嘩のパターン

夫婦の形はその数だけあるが、意外にも夫婦喧嘩のパターンはほとんど一緒のようだ。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


最新の投稿


抱いて欲しいと言えない人へ

抱いて欲しいと言えない人へ

夫婦になっても女性の方からは、「ねえ、○○○」となかなか言えないもの。


【弁護士EYE】偽りの独身者

【弁護士EYE】偽りの独身者

既婚男性が結婚をしていることを隠して、女性と付き合うことは果たして許されるのでしょうか。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?