riconsodan さんが 2019/07/09 に更新
セックスの頻度が夫婦円満に比例する

セックスの頻度が夫婦円満に比例する

ある結婚コンサルタントによると、夫婦の仲の良さはセックスの頻度にあるという。

セックス 頻度 夫婦円満 比例 仲の良さ

 セックスをしていないからといって、必ずしも仲が良くないというわけではないだろうが、うまくいっていない夫婦がそんなにセックスをしているとはとうてい思えない。
 一般的に男性の性欲には征服欲が多分に影響するので、女性にはエロティシズムや守ってあげたい雰囲気を感じさせることが求められる。フェロモンというやつだ。そうでないと男性はその気にならず、また高圧的で極端に上から目線の女性には“スイッチ”が入っていかない。
 だからこそ、たとえ普段は対等な関係でも寝室では男性を尊重することが夫婦仲をキープする秘訣だというのだ。
 ことセックスにおいては夫婦は平等ではないということか……。
 とはいえ、世間には女装趣味の殿方や鞭を片手の“女王様”もいるわけで、そもそも寝室内のことは治外法権である。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


セックスの頻度が夫婦円満に比例する

セックスの頻度が夫婦円満に比例する

ある結婚コンサルタントによると、夫婦の仲の良さはセックスの頻度にあるという。


夫婦円満の原点はプロポーズにあり

夫婦円満の原点はプロポーズにあり

プロポーズの言葉を覚えていますか?


離婚しないための心得

離婚しないための心得

  結婚の数だけ夫婦の形がある。   しかし、離婚は昔も今も時代ならではの流行り廃れはあるだろうが、ほとんど変わりばえがない。性格の不一致、DV、浮気……。  ならば、予想しうる事態に備えて離婚しないための準備をすればいいだろう。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。