riconsodan さんが 2019/07/09 に更新
セックスの頻度が夫婦円満に比例する

セックスの頻度が夫婦円満に比例する

ある結婚コンサルタントによると、夫婦の仲の良さはセックスの頻度にあるという。

セックス 頻度 夫婦円満 比例 仲の良さ

 セックスをしていないからといって、必ずしも仲が良くないというわけではないだろうが、うまくいっていない夫婦がそんなにセックスをしているとはとうてい思えない。
 一般的に男性の性欲には征服欲が多分に影響するので、女性にはエロティシズムや守ってあげたい雰囲気を感じさせることが求められる。フェロモンというやつだ。そうでないと男性はその気にならず、また高圧的で極端に上から目線の女性には“スイッチ”が入っていかない。
 だからこそ、たとえ普段は対等な関係でも寝室では男性を尊重することが夫婦仲をキープする秘訣だというのだ。
 ことセックスにおいては夫婦は平等ではないということか……。
 とはいえ、世間には女装趣味の殿方や鞭を片手の“女王様”もいるわけで、そもそも寝室内のことは治外法権である。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


セックスの頻度が夫婦円満に比例する

セックスの頻度が夫婦円満に比例する

ある結婚コンサルタントによると、夫婦の仲の良さはセックスの頻度にあるという。


夫婦円満の原点はプロポーズにあり

夫婦円満の原点はプロポーズにあり

プロポーズの言葉を覚えていますか?


離婚しないための心得

離婚しないための心得

  結婚の数だけ夫婦の形がある。   しかし、離婚は昔も今も時代ならではの流行り廃れはあるだろうが、ほとんど変わりばえがない。性格の不一致、DV、浮気……。  ならば、予想しうる事態に備えて離婚しないための準備をすればいいだろう。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。