riconsodan さんが 2019/07/02 に更新
夫と姑が仲がいいと……

夫と姑が仲がいいと……

嫁と姑の関係が夫婦仲に影響することは今さらいうまでもない。

夫婦仲 影響

 たとえば、姑の嫁いびりは離婚原因の一つになっているといわれるが、逆に両者が親しくしているのも離婚や別居に大いに関係しているという意外な報告がある。
 つまり、最初のうちはいいのだが、姑の親切心での言動が嫁にとっては段々とお節介に感じるようになってくるというのだ。嫁にとっては何を差し置いても夫や子供との関係が重要なわけで、義理の親からの言動はいつしか干渉と受け取ってしまう。つかず離れず、何とも難しい関係である。
 これが夫と姑の関係となるとどうか?
 夫が姑と仲がいいと、そうでない夫婦に比べて20%も離婚率が低いという。
 結婚は家と家との関係でもあるが、家と家を結ぶ窓口は夫の務めとすべきのようだ。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


夫婦仲が悪い家の特徴

夫婦仲が悪い家の特徴

夫婦が円満でない家庭内には共通の特徴がある。


産後クライシス

産後クライシス

子はかすがい」という。


夫と姑が仲がいいと……

夫と姑が仲がいいと……

嫁と姑の関係が夫婦仲に影響することは今さらいうまでもない。


【弁護士EYE】共同生活を維持するための配慮

【弁護士EYE】共同生活を維持するための配慮

夫婦生活は、通常、1つの建物に同居して行なうものです。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。