riconsodan さんが 2019/06/20 に更新
妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。

夫婦 離婚 タブー 浮気

夫の側から見て、他にも離婚につながりかねない禁制があった。
 まずは、隠れて煙草を吸うことである。
 たとえば、妊娠と同時に禁煙したものの、子育てがひと段落するや、ナイショで吸っているのを見つけられると、夫は不快感を表す。
 過去の浮気の発覚も結構“罪”が重い。
 たとえ今は関係が完全にキレていても、浮気していた過去がわかると、「裏切られていた」とのショックは大きい。もしそういう過去があるならば、潔く正直に話してしまうのではなく、墓場まで持っていく覚悟が必要のようである。
 ナイショで借金をするのも問題である。
離婚の原因の大きな一つに「夫の借金」があるが、妻がそれを負っても同様だ。バレる前に自発的に相談すれば傷口は広がらずに済むかもしれない。
 他、整形をしていたのもあとでバレたらひと騒動である。いずれも「ナイショで」がキーワードだ。隠し事は夫婦の間にないのが一番だということである。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?


【弁護士EYE】不貞行為について

【弁護士EYE】不貞行為について

不貞行為、いわゆる浮気については、大きく分けて二つあります。一つは、特定の相手と継続的な関係を持つケース、もう一つは不特定多数と非継続的な関係を持つケースです。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。