lawyerseye さんが 2019/05/31 に更新
【弁護士EYE】離婚届はいつでも出すことができます

【弁護士EYE】離婚届はいつでも出すことができます

離婚届はいつでも出すことができます。休日でも、時間外の受付を行なっている場所で、受け取ってもらうことができます。

離婚届 いつでも出せる 休日 時間外

 離婚届を出すにあたって、成立日を指定することはできません。通常、離婚届提出日が成立日となります。離婚において、シーズンはあるのでしょうか。
 厚生労働省の平成21年度「離婚に関する統計」によれば、離婚数は、3月が一番多く、次いで、4月、10月、12月となっております。新年度を迎えるにあたって、一区切りをつけようとする現れでしょうか。
 今年はもう年末ですが、年末年始は、裁判所、法律事務所も休みになるため、その間に事件の処理が進むことはあまりありません。弁護士に離婚の相談をする場合、概ね調停か裁判離婚についてが多いと思われますが、年末年始は期日が入らないため、年末にご相談があっても急遽年末に申し立てを行なうということは、ご依頼者からの特別のご要望がない限りはそうそうありません。年内に離婚をされたいという場合は、早め早めに行動されるのがよいでしょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

【弁護士EYE】正式に「離婚」が成立した後の手続き

離婚届を提出する等して正式に「離婚」が成立した後にも、必要な手続きが色々とありますが、その内のいくつかをご紹介します。


 【弁護士EYE】セレブな人たち「同じ人と結婚離婚の繰り返し」 ~藤圭子と宇多田照實の場合~

【弁護士EYE】セレブな人たち「同じ人と結婚離婚の繰り返し」 ~藤圭子と宇多田照實の場合~

 結婚も離婚も、「戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。」(民法739条1項、764条)と定められており、役所に提出する届出に形式的な不備がなければ、いずれも成立となります。


【弁護士EYE】離婚届提出

【弁護士EYE】離婚届提出

離婚交渉で離婚まで至っても、弁護士が離婚届提出まで依頼者とともに行うことはなかなかありません。


離婚届の偽造

離婚届の偽造

協議離婚中、相手に無断で勝手に離婚届を出すと刑法上、複数の罪に問われる。


【弁護士EYE】話し合いで解決

【弁護士EYE】話し合いで解決

離婚にあたっては、2人で話し合い、協議離婚ができるのであれば、手続としては離婚届を作成し、市役所に提出するだけです。しかし、2人での話し合いがつかない場合は、法的手続を取る必要があります。


最新の投稿


抱いて欲しいと言えない人へ

抱いて欲しいと言えない人へ

夫婦になっても女性の方からは、「ねえ、○○○」となかなか言えないもの。


【弁護士EYE】偽りの独身者

【弁護士EYE】偽りの独身者

既婚男性が結婚をしていることを隠して、女性と付き合うことは果たして許されるのでしょうか。


セックスレス

セックスレス

離婚の原因の一つにセックスレスがある。


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


離婚話の切り出し方と伝え方

離婚話の切り出し方と伝え方

プロポーズは男子一世一代の“大勝負”と言われてきた。これが「別れて下さい」と、離婚話になるとどうか?